麻生区版 掲載号:2016年7月29日号 エリアトップへ

暑夏の果実 出荷間近 多摩川梨 8月初旬から

社会

掲載号:2016年7月29日号

  • LINE
  • hatena
今年の出来を丹念に確かめる金子昇さん
今年の出来を丹念に確かめる金子昇さん

 「かわさき農作物ブランド品」にも指定されている「多摩川梨」の収穫が目前に迫っている。今年も天候不順の影響が心配されたが、概ね生育は順調で、8月初旬には歴史ある夏の美味が楽しめそうだ。

 多摩川梨とは、川崎市内で生産された梨の総称で、そのルーツは約250年前まで遡る。記録では江戸時代初期に川崎大師河原周辺で梨栽培がおこなわれており、全国的に知られた「長十郎梨」は多摩川沿いで最初に栽培された種類だという。その後、中原、高津、生田と多摩川を上るように梨の栽培地は広がっていき、大正時代には関東屈指の梨の産地となったという。現在は、中原・高津・宮前・多摩・麻生区の約29万平方メートルで栽培されている。

「今年も良い品を」

 麻生区内では現在、十数軒の農家が梨栽培を行っている。出荷はセレサモスでの販売のほか、直売が主なため、まさに地元で楽しめる夏の味覚となっている。

 区内早野で梨栽培を行う金子昇さん(79)の梨園約5000平方メートルでも「愛甘水」などの種類が収穫間近となっている。「梨は強風に弱い果物。実がなってからの1週間が大きくなる期間で、この時期などに風の影響を受けなければ今年も良い梨が出せる」と金子さんは期待を込める。4月の高気温が成長を多少早めてはいるが雨量は適量で、甘さの問題はないとのこと。

 金子梨園では今シーズン、愛甘水のほか、「築水」、「幸水」、「あきあかり」、「秀玉」、「豊水」、「新高」など10種ほどが順次収穫され、10月半ばまで販売される。金子さんは「幸水や豊水といった知られた品種ももちろんおいしいですが、時期によってはこの地域ならではの梨もあるのでまずは好みの梨を見つけて欲しい」と話している。

麻生区版のトップニュース最新6

地図づくり大詰め

SDGs推進隊

地図づくり大詰め 社会

他都市への展開も視野に

11月26日号

新会議、年度内に試行

川崎市

新会議、年度内に試行 社会

「形式自由」も運用がカギ

11月26日号

区内で新たに16件決定

市地域文化財

区内で新たに16件決定 文化

旧神谷歯科など

11月19日号

神奈川制し全国へ

桐光学園サッカー部

神奈川制し全国へ スポーツ

3年ぶりに王座奪還

11月19日号

「男子厨房に入り」25年

市民料理サークル

「男子厨房に入り」25年 社会

月1回の講習会 再開

11月12日号

地元企業らで一斉清掃

新百合ヶ丘駅南口

地元企業らで一斉清掃 社会

ポイ捨て、糞害に課題も

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子でオランダ旅体験

親子でオランダ旅体験

クリスマスカード作りも

12月4日~12月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook