麻生区版 掲載号:2016年9月2日号 エリアトップへ

川崎市 23施設 使用料値上げへ 現行の10%程度

社会

掲載号:2016年9月2日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は15年ぶりの全庁的な見直しに伴い、23カ所の市有施設について、使用料を来春に値上げする方針を明らかにした。具体的な各料金は検討中だが、施設全体の平均で現行使用料の10%程度の値上げとしている。

 この料金改定は、先ごろ開かれた市議会総務委員会で市が明らかにした。市の施設の維持、管理費などについて、公費(税金)でまかなう範囲とサービスを利用する側の受益者が負担する範囲のバランスの適正化を図るための措置だ。

 公共施設の使用料について、その性質やサービス内容に応じて、「市場性」(民間に同種、類似のサービスがあるか)、「公共関与の必要性」(サービスが市民の日常生活に欠かせないか)により9段階の判断基準「標準的受益者負担割合」を設定。現行使用料を照らし合わせた結果、「川崎市の施設はこれまで公費負担の割合が他都市などと比べても大きかった」(市財政課)と判断された。

 使用料を改定するのは、24カ所の市有施設。うち利用者負担が大きいと判断された「生活文化館てくのかわさき」(高津区)の1施設は値下げし、残りの23施設は値上げを検討していく。

行政サービスも対象

 来年4月施行を目指し、今月の市議会定例会に条例改正案を提出する予定で、具体的な新料金は検討中。値上げ幅について市財政課は、施設全体の平均で現行使用料の10%程度の値上げとしている。

 また行政サービスの手数料も改定。事業系一般廃棄物の処理手数料など8件について、50%引き上げを上限に新料金を検討する。全庁的な見直しに伴う料金改定は16年ぶり。市は使用料で5千万円程度、手数料で4億1千万円程度の増収を見込んでおり、各施設の維持管理費に充てられる。

麻生区版のトップニュース最新6

手づくりキャラ巡回中

ケアマネら有志

手づくりキャラ巡回中 社会

保育士が制作 施設に展示

5月29日号

事業者支援で10万円

川崎市

事業者支援で10万円 経済

「6月支給」もにじむ不安

5月29日号

オンラインで授業試行

麻生中特別支援級

オンラインで授業試行 教育

【Web限定記事】 新たな可能性広がる

5月22日号

オンラインでイベント開催

【Web限定記事】

オンラインでイベント開催 社会

ベジフェス 地元野菜販売、ワークショップなど

5月22日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 教育

代替案急務も現場頼み

5月15日号

3カ所にPCR検査場

川崎市

3カ所にPCR検査場 社会

市医師会運営 態勢充実へ

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク