麻生区版 掲載号:2016年9月2日号 エリアトップへ

藤子ミュージアム あす3日、開館5周年 11月に入館250万人見込む

文化

掲載号:2016年9月2日号

  • LINE
  • hatena
家族連れでにぎわう館内
家族連れでにぎわう館内

 ドラえもんの誕生日「2112年9月3日」にちなんだ日に開館した川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム(多摩区長尾、【電話】0570・055・245)が、あす3日に5周年を迎える。

 同館は藤子・F・不二雄氏の作品の原画展示を中心に、多摩区寺尾台に居を構えていた同氏ゆかりのこの地に開館。生涯描き続けてきた約5万枚の原稿が保管されている。

 同館には年間約45万人から50万人が訪れ、昨年10月には累計200万人に達した。最近は東南アジアや中国など海外からの入館者も多く、多い日で3割を占めることもあるという。

 今年7月には多摩区の民家園通り商店会で催された夏まつりにブースを初出店するなど、地元との交流が進んでいる。同館の広報担当は「ミュージアムを通じて、作品やキャラクターはもちろん、先生のことや人柄なども身近に感じてもらえれば」と話している。

 同館では5周年記念フェアを3日から10月末まで開催。川崎市は記念事業として同館直行バスのデザインを一新し、JR南武線の登戸駅、宿河原駅の発車メロディーを「ドラえもん」「パーマン」等のアニメの曲に変更するなど、同館の魅力発信を後押ししている。

 伊藤善章(ぜんしょう)館長(67)は「『ファンの皆様へ恩返しがしたい』との思いでつくられたミュージアムが、無事5周年を迎えます。ご来館の皆様をはじめ、ご協力いただいている皆様のおかげと深く感謝申し上げます。先生が長く暮らしたこの地で多くの方々に藤子・F・不二雄先生の作品の世界に触れ、温かく平和な気持ちに包まれていただければ幸いです」とコメントしている。

麻生区版のローカルニュース最新6

議員と市政語る会が終了

議員と市政語る会が終了 政治

区民主導で始まり15回

10月18日号

等々力リベンジへ結束

SHISHAMO

等々力リベンジへ結束 文化

来夏ライブ、市長と語る

10月18日号

家族で「ラグビー入門」

家族で「ラグビー入門」 スポーツ

体験に60人 昨年の倍

10月18日号

実例から学ぶ地域づくり

実例から学ぶ地域づくり 教育

牧岡英夫さん講演会

10月18日号

スポーツ練習場 1月着工

五月台駅前

スポーツ練習場 1月着工 経済

ビーバートザン跡地

10月18日号

台風19号 区内620人が避難

台風19号 区内620人が避難 社会

2人が転倒で救急搬送

10月18日号

伝統行事「地域のおかげ」

伝統行事「地域のおかげ」 文化

雨の中神楽も披露

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

実例から学ぶ地域づくり

実例から学ぶ地域づくり

牧岡英夫さん講演会

10月20日~10月20日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク