麻生区版 掲載号:2016年9月2日号 エリアトップへ

一般社団法人川崎市食品衛生協会の会長を務める 高橋 時雄さん 多摩区在住 79歳

掲載号:2016年9月2日号

  • LINE
  • hatena

食の安全のため日々邁進

 ○…この春に開かれた理事会で(一社)川崎市食品衛生協会の会長に推薦され6月に就任した。「協会の歴史は歴代会長のおかげで築きあげられたもの。会長という責任の重さに正直戸惑っている」と感想を語る。しかし、「魅力ある協会を持続させるために内部改革、意識改革、事業改革の3つの改革を積極的に進めていくことが重要」と、すでに気持ちは協会発展に前向きだ。「食品衛生の普及啓発、人材育成に力を入れていきたい」と意気込む。

 ○…1967年、多摩区に蕎麦屋「栄家」を開業。夫人と二人三脚で店をきり盛りしてきた。周辺には大学が多く、学生などで店内は賑わう。2年前から県麺類生活衛生同業組合の理事長にも就任し、多忙な日々。現在は主に長男に店を任しているが週末は店に立つという。「手伝わないと家族に怒られてしまうからね」と苦笑する。来年は蕎麦屋を開いてから50周年を迎える。「仲間からは祝賀会を開こうと言われてね。支えてくれた家族と仲間、お客様のおかげです」

 ○…41年、長野県更級郡の生まれ。田んぼと畑の広がる盆地で遊ぶ元気な少年だった。中学卒業後に上京し食料品店に勤務後、親戚が営む蕎麦屋を手伝ったことがきっかけで独立した。忙しい中でも、夏休みと正月に家族で出かける旅行が楽しみの一つ。一緒に旅行をしていた孫は高校生になった。「部活を頑張っている。背も高くなってね」と優しく微笑む。

 ○…8月は食品衛生月間ということもあり、各地で食品衛生の啓発を行った。「今は季節に関係なく、カンピロバクターやノロウイルスなど食中毒の危険性がある。私たちは消費者の方が安全な食生活を確保できるように努めなくてはならない」と表情を引き締める。しかし、協会では多い時に比べ会員数が半減しているという。「会員増強を進め、食中毒根絶を目指すことが私の役目。しっかりと邁進していきたいですね」

麻生区版の人物風土記最新6

服部 星奈(せな)さん

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー

服部 星奈(せな)さん

麻生区・中原区担当 

10月18日号

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

朗読塾「ソフィアの森」を主宰するナレーターの

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

白鳥在住 57歳

10月11日号

西村 勝行さん

川崎市アートセンターで14日に開幕するミュージカル「ミラクル」の作曲、音楽監督を務める

西村 勝行さん

百合丘在住 68歳

10月4日号

杉浦 輝明さん

麻生ラグビースクールの校長として生徒の育成、競技の普及に努める

杉浦 輝明さん

横浜市青葉区在住 44歳

9月27日号

渡辺 孝一さん

11月開催の「あさおわくわくウォーク」を主催する麻生区青少年指導員会で長を務める

渡辺 孝一さん

上麻生在住 66歳

9月20日号

鈴木 絢子さん

29日に催される「百合丘ふるさとまつり」のメンバーとして企画、運営を行う

鈴木 絢子さん

高石在住

9月13日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

実例から学ぶ地域づくり

実例から学ぶ地域づくり

牧岡英夫さん講演会

10月20日~10月20日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク