麻生区版 掲載号:2016年9月9日号 エリアトップへ

砂子の里資料館、今月で休館 斎藤文夫さん私設博物館

文化

掲載号:2016年9月9日号

  • LINE
  • hatena
川崎南部の文化拠点でもある同資料館
川崎南部の文化拠点でもある同資料館

 旧東海道の歴史や浮世絵文化の拠点として親しまれてきた川崎区砂子の「川崎・砂子の里資料館」が今月の企画展を最後に休館する。今後は出張展示など形を変えながら、文化の普及に努めていくという。

所有の浮世絵展示川崎区有数の観光スポット

 同館は元参議院議員の斎藤丈夫さんが 「埋もれてしまった歴史にスポットを当てよう」と01年、自宅を改造して開設。主に斎藤さんが所有する浮世絵を無料で公開し、現在は公益社団法人として運営している。

 斎藤さんは屈指の浮世絵コレクターとして知られ、父親の代から所有するものを含めると、その数は約4000枚にのぼる。地元にゆかりのある作品『東海道五拾三次之内 川崎 六郷渡舟』(初代歌川広重)や、『役者見立 東海道五十三駅』(三代目歌川豊国)を全図揃いで所有するなど、その道では「斎藤コレクション」として知られている。

 同館には外国人観光客を含め、多い月は1000人ほどが訪れるという。2020年の東京五輪・パラリンピックでは、羽田空港に隣接する川崎に多くの人が訪問することが期待され、斎藤さんも資料館を継続していきたい気持ちはあった。一方で斎藤さんは88歳。展示設営を自前で行うには体力的に限界を感じていた。 また、年間1000万円ほどかかる運営費の面などもあり休館することを決めた。

 今後は常設展示に関心を示す企業などと協議するとし、現在京急電鉄に寄託する方向で話し合いを進めているという。また東海道かわさき宿交流館での展示を計画するほか、来年には近隣エリアでの出張展示も実施する予定。斎藤さんは「現在の場所では休館となるが、これまでと違う形で浮世絵文化の普及に貢献していきたい」としている。

 最後の企画展「これぞ日本の宝・珠玉の浮世絵名品展〜師宣・政信・春信から北斎、広重まで〜」は17日(土)まで公開中。開館時間は午前10時から午後5時。日曜日定休。(問)同館【電話】044・222・0310

麻生区版のローカルニュース最新6

冬の星空観望会

冬の星空観望会 社会

2月1日 開催

1月24日号

碁盤を囲み国際交流

碁盤を囲み国際交流 文化

日中小学生ら区内で対局

1月24日号

「市民防犯」の鍵はあいさつ

「市民防犯」の鍵はあいさつ 社会

区役所でパトロール研修

1月24日号

創意工夫の作品を展示

医療を学ぶ地域向け講座

医療を学ぶ地域向け講座 教育

新百合ヶ丘総合病院で

1月24日号

「口から健康長寿を」

「口から健康長寿を」 社会

市歯科医師会が賀詞交歓会

1月24日号

保険の請求 財団が代行

全国初

保険の請求 財団が代行 社会

実証実験 生保16社に拡大へ

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

懐かしの歌で健康に

懐かしの歌で健康に

リリオスで7回目の開催

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第165回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門後編 文:小島一也(遺稿)

    1月24日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第164回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門前編 文:小島一也(遺稿)

    1月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク