麻生区版 掲載号:2016年9月9日号 エリアトップへ

キッズデザイン賞 パパ向け育児ガイドが受賞 市内父親らが製作

文化

掲載号:2016年9月9日号

  • LINE
  • hatena
「ちちしるべ」を手にするイキメン研究所のメンバー
「ちちしるべ」を手にするイキメン研究所のメンバー

 市内で子育てに励む父親らによるグループ「イキメン研究所」が製作した父親向けの子育てガイドブック「ちちしるべ」が、「第10回キッズデザイン賞」に選ばれ、さらに優秀作品となる「キッズデザイン協議会会長賞」を受賞した。父親たちに向けての子育てヒントなどを紹介している点が評価された。

 「キッズデザイン賞」は、子どもの安全・安心と健やかな成長発達に役立つ製品やサービス、研究活動を表彰するもので、内閣府認証のNPO法人キッズデザイン協議会が発表する。

 「ちちしるべ」を製作したのは、川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)で活動する「イキメン研究所」。子育てに励む父親ら9人で結成され、男性も育児や家事をすることが当たり前になる社会を目指した取り組みを実施している。「イキメン」とは、地域や家庭でイキイキと生活する男性を指す。

 「ちちしるべ」は、働く男性も子育てや家事に関わってもらおうと昨年製作されたガイドブック。ライフスタイルが異なる3人の父親をモデルに、おむつの替え方や寝かしつけの仕方などをイラスト入りで紹介している。「こういった父親が理想という正解は無い。自分の家庭に合った父親像を探すヒントになれば」と同研究所の江頭浩さん(46)は話す。市民からの問い合わせも多く、今年3月には5000部の増補改訂版を発行した。

 8月末にはキッズデザイン賞の表彰式が六本木ヒルズで行われた。全国から選ばれた297作品の中から、協議会会長賞(奨励賞)も授与された。子育てへの関わり方に迷う男性に向けて育児の心構えを提示し、時代性を映す取り組みが社会課題と解決策を示している点が評価されたという。

 同研究所の織田弦(ゆずる)さん(37)は、「この冊子を通して『自分はパパになった』という意識を持つ人も多い。若い世代の子育てに役立ててもらいたい」と話している。問合せはすくらむ21(【電話】044・813・0808)。

麻生区版のトップニュース最新6

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月11日号

住宅地 横ばい傾向続く

麻生区基準地価

住宅地 横ばい傾向続く 経済

商業地の伸び 市内トップ

10月11日号

市立校に半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校に半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月4日号

自転車に保険加入義務

自転車に保険加入義務 社会

県条例 10月から本格開始

10月4日号

自主返納 7区で増加

運転免許

自主返納 7区で増加 社会

県市と民間 独自策に注力

9月27日号

悲願の全国 納得の演奏を

桐光学園合唱部

悲願の全国 納得の演奏を 教育

来月開催のNコンに初出場

9月27日号

「東ルート」有力案 根拠示す

地下鉄延伸事業

「東ルート」有力案 根拠示す 経済

広域集客、バス連携を重視

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

気軽に楽しめる巡回公演

東京交響楽団

気軽に楽しめる巡回公演

15日 新百合ヶ丘総合病院

10月15日~10月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク