麻生区版 掲載号:2016年10月14日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

「補聴器・初チャレンジ」コースを新設 「購入を勧められない」2週間無料体験

 耳に慣れてから購入できる補聴器店「堺堂」が、補聴器を2週間無料で体験できる「補聴器・初チャレンジコース」を新設した。

 このコースは「補聴器の購入は全く考えていないが、耳の聞こえが少し気になる」人に向けたもの。同店の大貫慎平さんは「補聴器をつけると聞こえがどのように変わるのかを試してもらうものです。購入のお勧めは決して致しません」という。

聞こえの悩み先送りのリスク

 補聴器の役割には「音を聞き取る力を補うこと」と「言葉を理解する力を維持すること」の二つがある。

 大貫さんは「加齢などで耳の聞こえが悪くなり、音が脳に届かないまま生活していたため、『言葉を理解する力』が低下してしまった方が多い」と指摘する。この低下した状態で補聴器を使用しても「音は聞こえるが、何を言われているのか理解できない」と、期待する効果が得られない場合があるという。

 「補聴器は敷居が高いと感じ、聞こえの悩みを先送りにしている方が少なくありません。『補聴器ってどんなもんだ?』程度に、お気軽にお試し下さい」と大貫さん。初チャレンジコースの申込みは左記へ。

【フリーダイヤル】【FAX】0120・97・3324/高津区二子4の2の10(田園都市線高津駅徒歩1分)/「補聴器の専門家」検索・予約制

有限会社堺堂

神奈川県川崎市高津区二子4の2の10

TEL:0120-97-3324

http://ameblo.jp/kikoe99a2/

麻生区版のピックアップ(PR)最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 10月5日0:00更新

  • 8月17日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

争いの歴史 楽曲で表現

昭和音大生自主企画

争いの歴史 楽曲で表現

各時代の音楽作品を披露

12月17日~12月17日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第140回 シリーズ「麻生の歴史を探る」水争い 後編参考資料:「横浜青葉区史」「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「歩け歩こう麻生の里」「川崎市史」「新編武蔵風土記稿」

    12月7日号

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク