麻生区版 掲載号:2016年10月14日号
  • LINE
  • hatena

小田急グループ 地域見守り 協力事業者に 行政と連携し異変に対応

社会

 川崎市が民間事業者と協力して、地域の異変や何らかの支援を必要とする住民を早期に発見し、必要なサポートを行っていく「地域見守りネットワーク事業」。このほど、小田急電鉄(株)を含む小田急グループの企業7社が新たに協力事業者となった。

 新たな協力事業者は小田急電鉄のほか、小田急不動産(株)、(株)小田急ハウジング、小田急デパートサービス(株)、(株)アドベル、(株)ビーバートザン、小田急商事(株)の7社。今回の締結により、地域見守りに協力するのは訪問型45事業者、店舗型11事業者(訪問型との重複含む)となった。

 地域見守りネットワーク事業は事業者と行政機関が相互連携することでネットワークを構築し、市民が安心して生活できるよう支援していく取り組み。事業者は普段の業務の中で「新聞・郵便物が溜まっている」「何日間も雨戸が閉まっている、洗濯物が干されている」といった異変などを察知した段階で行政機関に連絡し、行政が行う支援や対応に協力していく。状況に応じて警察や消防への通報も行っていく。

「連携強化し暮らしに貢献」

 小田急グループが対応する地域は同線沿線エリア(麻生区、多摩区の一部など)がメインとなる。

 協力事業者となった同グループでは小田急電鉄CSR・広報部を通じて「小田急グループでは、今後も川崎市との連携を強化し、暮らしやすい沿線環境の実現に貢献していきたい」とコメントしている。

麻生区版のローカルニュース最新6件

飲食店連携 非常時に協力

伊料理コンペで準優勝

米寿祝う宴 150人が出席

日本映画大佐藤名誉学長

米寿祝う宴 150人が出席

12月14日号

体動かし逃げ方学ぶ

歓喜のV2パレード

川崎F

歓喜のV2パレード

12月14日号

全国のお城が大集合

読者プレゼント

全国のお城が大集合

12月14日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 10月5日0:00更新

  • 8月17日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

争いの歴史 楽曲で表現

昭和音大生自主企画

争いの歴史 楽曲で表現

各時代の音楽作品を披露

12月17日~12月17日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第140回 シリーズ「麻生の歴史を探る」水争い 後編参考資料:「横浜青葉区史」「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「歩け歩こう麻生の里」「川崎市史」「新編武蔵風土記稿」

    12月7日号

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク