麻生区版 掲載号:2016年10月21日号 エリアトップへ

10月22日に開催されるしんゆりマルシェの実行委員長を務める 小島 龍彦さん 下麻生在住 55歳

掲載号:2016年10月21日号

  • LINE
  • hatena

世代融和で街の魅力向上

 ○…新百合ヶ丘に人々が集い、アートと食などを楽しむ。芸術文化が根付く街の魅力をさらに広げようと今年で3回目となる「しんゆりマルシェ」の実行委員長を務める。昨年も約3万5千人が訪れた規模の大きい催しだけに1年がかりで準備を行ってきた。「来て頂く方に楽しんで貰えるようミーティングを重ねてきました。当日は精一杯イベントをご案内して皆さんにアートと食の祭典を堪能してほしいです」

 〇…百合ヶ丘と柿生の間に新駅が生まれたのは中学生の頃。「当初は山道を通って新百合ヶ丘駅に行ってたんだから、今の街並みに発展するなんて想像もつかなかった」と懐かしむ。情報処理を学生時代に学び、コンピューターのソフトウェア開発会社に就職。40歳目前で独立し、有限会社ソフトウェアデザインを駅近くに構えた。新百合ヶ丘商店会のメンバーとなり会のHP管理を任されるなど街との繋がりが生まれ、昨年度からは同商店会の会長を務めている。「区内の商店会長と一緒になって街を良くしていきたいという思いは強くなりました」

 〇…地元は下麻生。現在は妻と娘、愛犬と暮らす。20代半ばまでサーフィンに打ち込んだが、仕事に結婚、育児などを経て今でも続く趣味はラジコン。愛好家たちのクラブに所属し、2m以上の飛行機を群馬や静岡まで行って飛ばしている。「子供の頃から模型作りが好きだったんです。作ったものを遠隔で操縦するのも楽しいですよ」と笑う。

 〇…商店街の魅力アップなどもテーマとなっているしんゆりマルシェ。「我々のような昔からの住人と新しく暮らし始めた若い世代の方々が融和していくことで新百合ヶ丘はより魅力的になっていくと思います。このイベントは人と人とが繋がるコミュニケーションの場という役割があるので、続けられる限り継続させたい」。街の持ち味を生かして更なる魅力向上を目指す想いで本番を迎える。

麻生区版の人物風土記最新6

ヤオ オフェイ アモアベンさん

日本の国民性などを外国人目線で語る講座を市民交流館やまゆりで行う

ヤオ オフェイ アモアベンさん

上麻生在住

5月24日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

5月17日号

大村 哲郎さん

先月から麻生警察署の署長を務める

大村 哲郎さん

千代ヶ丘在住 59歳

4月26日号

斎藤 泰子さん

4月で1周年を迎えた「しんゆり交流空間リリオス」の運営に携わる

斎藤 泰子さん

東百合丘在住 60歳

4月12日号

佐々木 由佳さん

2月16日付で、女性として初の県宅建協会第9代事務局長に就任した

佐々木 由佳さん

川崎市在住 48歳

3月29日号

藤原 俊六郎(しゅんろくろう)さん

農学博士として明治大学との土壌肥料研究や地域講座などを行っている

藤原 俊六郎(しゅんろくろう)さん

Office FUJIWARA代表 71歳

3月22日号

長尾 大輔さん

「川崎ものづくりブランド」に認定された理化学機器を取り扱う(株)ナガオシステムの

長尾 大輔さん

五力田在住 45歳

3月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク