麻生区版 掲載号:2016年10月21日号 エリアトップへ

高石コミュバス「山ゆり号」 新車両導入し 再出発 座席数増で課題解消図る

社会

掲載号:2016年10月21日号

  • LINE
  • hatena
新「山ゆり号」の出発式に参加した関係者ら
新「山ゆり号」の出発式に参加した関係者ら

 高石団地と百合ヶ丘駅間を運行するコミュニティバス「山ゆり号」の新車両が導入され、停留所の一つがある生田病院で17日、出発式が行われた。新車両の導入で座席数を増やし、満員で利用者が乗れないという「乗り残し」の課題解消を図る。

 地域住民から成る「山ゆり交通事業運営委員会」によって2011年に山ゆり号が運行開始されて以来、初代の車両が5年間走り続けた。昨今では「乗り残し」の課題が出てきたことから、新車両導入で、従来10人だった定員数を14人とし、改善を図る。また、新車両はステップが低くなったことなど、よりバリアフリー化された仕様となっている。今回、川崎市は600万円を補助。車両導入経費のほとんどを賄えたかたちだ。川崎市はこれまで、「山ゆり号」の初期車両のほか、多摩区長尾台地区で運行している「あじさい号」の初期車両の補助も行っている。

初の住民主導交通

 山坂の多い高石地区にコミュニティバスを走らせようとする動きは12年ほど前から、地域住民により始まった。当時、コミュニティバスの運行については、住民からの要望が多くても、採算性などの問題からなかなか実現にいたらないケースがほとんどだった。しかし、高石地区では採算性をクリアするための試行運転を繰り返し、行政からも協力を取り付けるかたちで運行にこぎつけ、市内初となる住民主導のコミュニティバスを誕生させた。以後さらなる効率化を求め、運営協議会が中心となり、改善を重ねてきた。

 同運営委員会の岡野幸雄会長は「今後は生活基盤を考え、『面』で見ていく必要がある。より利用しやすい『山ゆり号』を目指していきたい」と語った。

麻生区版のトップニュース最新6

「炭循農法」田植えでPR

岡上若手有志チーム

「炭循農法」田植えでPR 社会

初企画「地域盛り上げたい」

6月18日号

2年分の思い込め再開

麻生音楽祭

2年分の思い込め再開 文化

感染対策講じ20日から

6月18日号

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

感染対策で修繕特別賞

グリーンタウンポプラ街区

感染対策で修繕特別賞 社会

業界団体「他の模範になる」

6月11日号

2028年開通目指す

鶴川駅周辺南口道路

2028年開通目指す 社会

川崎・町田 両市が連携

6月4日号

子ども食堂で手芸品配布

地域ボランティア

子ども食堂で手芸品配布 コミュニティ社会

 保護者支援 寄付の布使って 

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

みんなで一緒に歌を

みんなで一緒に歌を

FAiCOミニコンサート

6月25日~6月25日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter