麻生区版 掲載号:2016年12月16日号 エリアトップへ

大豆収穫で資源循環学ぶ 一般消費者が作業を体験

教育

掲載号:2016年12月16日号

  • LINE
  • hatena
乾燥した大豆を収穫していった
乾燥した大豆を収穫していった

 麻生区岡上の農地で12月3日、資源循環を学ぶ取り組みの一環として、納豆で使用される大豆の収穫体験が行われた。

 これは同地区に本社を構える納豆メーカー、株式会社カジノヤ(梶俊夫代表取締役)と生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープなどが参画する「農商工消」活動。豆腐メーカーから出るおからを県内の養鶏場が飼料として活用し、その鶏ふんを畑の肥料にして栽培された大豆がオリジナルの納豆商品として一般消費者のもとに渡るサイクルの構築を目指している。

 この日は約1100平方メートルの畑で育った大豆を家族連れなど約50人の参加者が次々と収穫していった。一般消費者らの作業によって収穫された大豆は「つながるゆめ納豆」として、生協で販売される。

 3年前から商品化されている「つながるゆめ納豆」。昨年は収穫した270kgの大豆を使って8千パックが販売されている。

麻生区版のローカルニュース最新6

連覇記念パネルで応援

フロンターレアシストクラブ

連覇記念パネルで応援 スポーツ

新百合ヶ丘駅3カ所に

1月21日号

岡上3地区で「どんど焼き」

岡上3地区で「どんど焼き」 文化

地域文化財認定後、初実施

1月21日号

英国選手の感動、間近で

英国選手の感動、間近で スポーツ

31日から記念巡回展

1月21日号

小学校での支援語る

小学校での支援語る 教育

1月25日 区役所で講座

1月21日号

麻生区の今・昔写真展

麻生区の今・昔写真展 文化

作品募集 2月9日まで

1月21日号

「最優秀」で演奏

麻生総合高学生バンド

「最優秀」で演奏 文化

23日、中原区の祭典で

1月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

防犯パトで地域安全を

防犯パトで地域安全を

2月3日 研修会参加者募集

2月3日~2月3日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook