麻生区版 掲載号:2016年12月16日号 エリアトップへ

川崎授産学園 音楽交流 100回迎える 演奏家ら参加の地域事業

社会

掲載号:2016年12月16日号

  • LINE
  • hatena
体育館を会場に拡大版を開催
体育館を会場に拡大版を開催

 川崎授産学園(区内細山1209)が地域との交流促進をめざして定期的に開催してきた音楽交流サロンが100回目を迎えることとなり、23日(金・祝)に記念のコンサートをクリスマススペシャルとして開催する。

 12年4月に第1回目が催された音楽交流サロン「奏」。障害の有無に関わらず市民同士として交流が出来る地域づくりと、障害理解・相互理解を推進していくことをテーマに地域住民と施設利用者に向けてスタートした。

 主催しているのは同学園と、障害者支援施設で社会貢献活動を行っている音楽家などで組織される一般社団法人ソーシャル・アーティスト・ネットワーク(S・A・N)。当時、S・A・Nのメンバーが教えている音楽教室の生徒に授産学園を知る関係者がいたことから「奏」の開催へと繋がっていった。

 スタート当初は毎月2回の開催で行われ、現在は奇数月に2回、偶数月に1回のペースで開催。毎回S・A・Nメンバーと地域の音楽家による音楽演奏、一般参加の団体によるマジックや人形劇団、健康体操などが披露されている。これまでに出演者を含め約7800人が参加してきた。

 同学園は「地域の方々から施設の様子を理解してもらえたり、利用者との自然な会話が生まれたりと、続けていて良かったと思えることも多い」と催しを継続してきた成果を語る。記念コンサートとして行われる23日の「コンサート奏」は、平日に行われている音楽交流サロン「奏」の拡大版として、多くの人が訪れることが出来るようにと祝日に開催、同学園の体育館を会場に催される。

 出演は「奏」のレギュラーメンバーに加え、千代ヶ丘小学校スクールバンドなどが参加。「クリスマス・フェスティバル」(アンダーソン)、「くるみ割り人形」(チャイコフスキー)などが披露される。同学園では「障害の有る無しが関係ない地域づくりを広げていきたい。一般の方々に気軽に来て頂ければ」と来場を呼び掛けている。

 23日の「奏」は午後1時30分開演(1時開場)で入場無料。飲み物、菓子販売あり。詳細は同学園(【電話】044・954・5011)へ。

麻生区版のトップニュース最新6

過去5年で最少

区内火災件数

過去5年で最少 社会

救急は前年比221件増

1月14日号

「農家の暮らし」を本に

区内シニア有志

「農家の暮らし」を本に 社会

中山会長「若い世代へ」

1月14日号

地域コミュニティを推進

新春インタビュー

地域コミュニティを推進 政治

三瓶区長、今年の展望語る

1月7日号

区内3人に厚労大臣表彰

区内3人に厚労大臣表彰 社会

地域福祉への貢献を評価

1月7日号

川崎の新時代へ「挑戦」

川崎の新時代へ「挑戦」 政治

福田市長、2022年を語る

1月1日号

12年に1度「寅薬師」

修廣寺

12年に1度「寅薬師」 文化

今秋開扉 住職も交代

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

落語で特殊詐欺防止

落語で特殊詐欺防止

1月28日 区役所で研修会

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月14日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook