麻生区版 掲載号:2016年12月23日号 エリアトップへ

専修大インターン 21チームが成果語る 商店会、企業などで活動

教育

掲載号:2016年12月23日号

  • LINE
  • hatena
手作りポスターで来場者に説明
手作りポスターで来場者に説明

 専修大学の学生が企業、団体などの活動や事業に携わる「課題解決型インターンシップ」の成果発表会が12月10日、同大生田キャンパス(多摩区東三田)で開かれた。今年は活動ごとに21チームに分かれ、約170人がイベントの企画運営や商品開発などに携わった。

 発表会では各チーム代表者のスピーチの後、ブースに分かれて活動内容を説明。当日は協力企業、団体のメンバーらが訪れ、学生に質問を投げかけていた。

 今回のプログラムは3分野で、チームは「イベント実施型」11組と「宣伝、マーケティング型」「商品企画型」が各5組。イベントのチームは「禅寺丸柿まつり」の企画・運営、「しんゆりマルシェ」でのエコステーション(会場美化整備・清掃)の企画・運営、民家園通り商店会(多摩区)の夏まつりや食の祭典、生田緑地のガイドツアー、二ヶ領用水の清掃活動などに従事した。

 民家園通り商店会夏まつりに参加したチームは9人。イベント以降の集客増につなげようと、7月の夏まつり当日に商店会加盟店のクーポン券を販売した。サービスを提供してもらう事業者への交渉は学生が担当し、13店舗が参加。販売促進のため、加盟店5店舗の協力のもと、5品を盛り込んだオリジナル弁当を企画し、クーポン購入客への特典としてプレゼントするなど工夫を凝らした。同商店会役員は「今後も地元大学の学生とのつながりを大切にして、ともに暮らしていくまちにしたい」と展望を語る。

 また、生田緑地ガイドを行ったチームは「3館まるわかりツアー爆発祭」と題し、日本民家園とかわさき宙と緑の科学館、岡本太郎美術館を中心に緑地内をめぐるツアーを11月に企画した。親子60人の参加者を2組に分け、コースを設定。子どもも参加しやすいものづくりのワークショップを行い、好評だったという。同チームの2年生、小嶋那奈さん(20)は、「季節ごとに、こんなに自然が素敵できれいなところはなかなかない。故郷みたいに感じてもらえるように工夫した」と感想を話した。

麻生区版のトップニュース最新6

見守り活動冊子発行

三井百合丘第二自治会

見守り活動冊子発行 社会

田調大と連携し独自活動

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

同機種無線使い連携

4自治会・町内会

同機種無線使い連携 社会

災害時の情報共有ねらい

1月8日号

活力あるまちづくりを

新春インタビュー

活力あるまちづくりを 社会

多田区長、2021年を語る

1月8日号

麻生に残る牛の歴史

丑年企画

麻生に残る牛の歴史 文化

蘇を作り朝廷へ

1月1日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 社会

福田市長、2021年を語る

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク