麻生区版 掲載号:2017年1月6日号
  • googleplus
  • LINE

専修大学相撲部の主将で、「藤島部屋」への入門が決まった 福山 聖和(せな)さん 商学部4年 21歳

逆境に克つ「小兵魂」

 ○…専修大学相撲部の先輩でもある藤島親方(元大関・武双山)のもとで、今春から新たにスタートを切る。「歴史あるすごい部屋に入ることになった。応援してくれる人たちの期待に応えられるよう、まず十両、そして幕内で活躍できる力士になりたい」。172センチ、100キロの小兵。看板を背負う責任感を胸に、まっすぐ前を見つめる。

 ○…鹿児島県奄美大島で、物心ついた頃から相撲を始めた。子どもの相撲クラブ発足に父親が携わったことがきっかけで、その道へ。小柄で勝ちに恵まれず、「中学に入ったらやめよう」と考えていた。その後、転校先の中学校の相撲部で練習を見学。監督から「1年だけでいいからやってみろ」と声をかけられ、「体づくりのためなら」と続けることを決意。体重の半分以上ある石を抱えて校庭を延々と回る――強豪校ゆえに、そんな厳しい練習の日々。それでも地道に食らいつき、「相撲の基礎ができた」と確かな手応えをつかんだ。

 ○…高校は名門・鹿児島商業からスカウトされ、縁あって小学生時代の親友とともに相撲部へ。一番きつかったのは食事のノルマ。ご飯はどんぶり大盛り4杯で、多いときで1日6食が課せられた。「みんなが30分で食べ終わるところ、2時間かかったときもあった」と苦笑い。そんな中、支えになったのは「共に汗を流す仲間と、生まれ育った地元の応援」。さらに上を目指そうと、1部の専修大に進学。食事や練習メニューなど何事も自分でやる。そんな相撲部で自立心を磨き、一昨年12月からは主将に。10人の部を引っ張ってきた。

 ○…「自然があって、駅を離れると静かで落ち着く」。4年間、慣れ親しんだ生田キャンパスのある多摩区。昨年は向ヶ丘遊園のスナックバーでアルバイト勤務し、常連客との会話で視野が広がったという。「これから頑張れよって言ってくれる人もいて、ありがたい」。地域の人々の期待を背に、歩み始める。

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

麻生区版の人物風土記最新6件

佐藤 忠男さん

10年目の開催となる「アルテリッカしんゆり」の実行委員長を務める

佐藤 忠男さん

2月16日号

俵(たわら) 隆典さん

「百合ヶ丘こども食堂」を運営するNPO法人アイゼンなどで活動する

俵(たわら) 隆典さん

2月9日号

宮崎 朝子さん

川崎出身の3ピースロックバンド「SHISHAMO(シシャモ)」のギターボーカル

宮崎 朝子さん

2月2日号

元木 要介さん

「元木イチゴ農園」園主として区内で唯一のイチゴ狩りを行っている

元木 要介さん

1月26日号

岩田 輝夫さん

15周年を迎えた麻生区クールアース推進委員会の委員長を務める

岩田 輝夫さん

1月19日号

四宮(しのみや) 菊乃さん

女子ボクサーとして史上最年少で3月、プロデビュー戦に挑む

四宮(しのみや) 菊乃さん

1月12日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

合計300歳超えの歌声

グルービー・グランパーズ

合計300歳超えの歌声

18日、高津区で記念公演

2月18日~2月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第118回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(4)石造物〜お地蔵さま 後編

    2月16日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク