麻生区版 掲載号:2017年1月20日号 エリアトップへ

凧作りで様々な交流を 新万福寺町内会などで実施

文化

掲載号:2017年1月20日号

  • LINE
  • hatena
親子で作り上げた干支の和凧
親子で作り上げた干支の和凧

 万福寺会館で14日、地域住民らによる和凧づくりの教室が開催され、約50人の参加者が伝統の凧を作り上げていった。

 新万福寺町内会、万福寺町内会、百合丘二丁目町会によるこの催しは今年度の麻生区市民提案型協働事業の一つ「伝承遊びで街おこし〜和凧つくりと凧揚げ大会〜」(主催・新万福寺町内会)活動の一環。シニアを中心とした世代が凧の作り方や揚げ方を伝えることで世代間交流や町内会、自治会の活性化なども図ろうというものだ。

 この日は地域の子ども会などと連携しながら、8人の講師が和紙と竹ひごを使っての凧作りを教えていった。事前に和紙に絵を描いてきた参加者は竹ひごを組んで自慢の作品を凧にしていった。6歳の息子と参加した茂木哲也さん(41)は「空に映えるように大きな絵を描いて息子に色塗りを手伝ってもらった。普段あまり使わない道具で一緒に凧を作る作業は楽しかった。あとはうまく飛ぶかだけです」と話していた。

 新万福寺町内会の相談役で講師の一人、竹市八郎さん(80)は「絵を描いて凧を作るというものづくりの楽しさを通じて、異世代や近隣との交流を促進していきたい。この活動で町内会活動が活性化できたらうれしいです」と話していた。凧作り教室は新万福寺会館などでも行われており、29日には百合丘小で凧揚げ大会が予定されている。

麻生区版のローカルニュース最新6

ヘルスメイト養成講座

ヘルスメイト養成講座 社会

7月から8月 全4回

6月11日号

区内でSDGsを推進

区内でSDGsを推進 教育

小中学生メンバーを募集

6月11日号

申し込み超過、抽選に

申し込み超過、抽選に 経済

じもと応援券

6月11日号

自宅で「おはなし」を

麻生図書館

自宅で「おはなし」を 教育

特集コーナー設置

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

元気なうちに終活

元気なうちに終活 社会

やまゆりで29日 公開講座

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter