麻生区版 掲載号:2017年2月17日号 エリアトップへ

川崎市2017年度当初予算案 子育て支援に重点 過去最大規模7,088億円を計上

社会

掲載号:2017年2月17日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は6日、2017年度当初予算案を発表した。一般会計は3年連続過去最大規模の7088億円(前年度比698億円増)。県費負担教職員の市費への移管分560億円除いても過去最大の予算規模となった。6日の記者会見で福田市長は「150万人都市の成長予算」と命名。特に将来を担う子育て施策への投資を強調した。

 一般会計の歳入では市税収入が4年連続の過去最大となる3072億円。前年度比57億円増と見込む。法人市民税が6億円の減となったが、納税者数の増加、所得の増加で個人市民税が30億円、固定資産税も31億円増えたこと。市債の発行は前年度比15億円減の577億円だが、市債償還のための減債基金から新規借り入れを185億円するとしている。

 歳出では人件費、児童・高齢者福祉などに充てられる扶助費、市債の返済などに充てられる公債費の義務的経費は3994億円で全体の56・3%を占める。市費に移管される教職員の人件費増を差し引いても74億円増となっている。市の施策などに使う投資的経費は989億円。

 収支不足を見込んでいた中で、過去最大規模の予算を組んだことに対し、福田市長は将来につながる施策への投資を強調。特に子育て施策への思い入れは強く人口減少社会の中「今(予算を)付けなくていつ付けるのか」と述べた。

 具体的な施策として待機児童解消(551億円・前年87億円増)、小児医療費助成の拡充(46億円・同5億円増)、中学校完全給食の実施(21億円・同12億円増)などがあり、市長任期最終年度として公約の仕上げ的な要素が見られた。

 その他、17年度の主な事業としてはまちの利便向上を目指した鉄道駅を活用した広域拠点の整備、災害対策としては各区の特色を加味した消防訓練、高齢者対策としては地域包括ケア推進や要介護度の維持改善した事業者にインセンティブを付与する『かわさき健幸福寿プロジェクト』の推進、東京オリンピック・パラリンピックに向けては『かわさきパラムーブメント』の推進などを挙げた。

 特別会計は5053億、企業会計は2303億円で、全予算規模は1兆4444億円(前年度比+564億円)となる。

麻生区版のトップニュース最新6

見守り活動冊子発行

三井百合丘第二自治会

見守り活動冊子発行 社会

田調大と連携し独自活動

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

同機種無線使い連携

4自治会・町内会

同機種無線使い連携 社会

災害時の情報共有ねらい

1月8日号

活力あるまちづくりを

新春インタビュー

活力あるまちづくりを 社会

多田区長、2021年を語る

1月8日号

麻生に残る牛の歴史

丑年企画

麻生に残る牛の歴史 文化

蘇を作り朝廷へ

1月1日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 社会

福田市長、2021年を語る

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク