麻生区版 掲載号:2017年2月24日号 エリアトップへ

川崎ものづくりブランド 東信電気が2度目の認定 タブレット一括同期・充電で

社会

掲載号:2017年2月24日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市内の製造業に携わる中小企業が生み出した優れた製品・技術を認定する「第13回川崎ものづくりブランド認定事業」でこのほど、麻生区からは東信電気(株)のタブレットデータ同期ソフトウェア・ケーブルレス充電ラックが選ばれた。同社では2度目の認定。

 川崎市、川崎商工会議所などで組織する「川崎ものづくりブランド推進協議会(山田長満会長)が行う同事業は、認定した製品・技術を広く国内外にアピールし、販路拡大を支援することを目的とし、2004年から実施されている。

 栗木のマイコンシティ内にある東信電気(株)は、第5回のドライブレコーダ「クピレ」に続き、タブレットデータ同期ソフトウェア・ケーブルレス充電ラック「タブレットアドミン」で2度目の認定。同社の事業本部営業G伊藤晴敏課長は「前回は製品のブランド力アップや、エンジニアのモチベーション向上にもつながったので、今回も期待したい」と話す。

 タブレットデータ同期ソフトウェアは、Androidタブレット最大40台の情報をワンタッチで一括同期することができるシステム。タブレットを複数台有する法人・企業を対象とし昨年4月に発売され、すでに約10システムの受注実績がある。同システムはAndroid専用で、これまでにもiPad用のシステムはあったが、Android用のシステムは唯一の製品となる。従来もWi―Fiなどを通し、一旦公衆回線に出してデータを共有化することはできたが、公衆回線を通さない同システムを使用することにより、セキュリティ面が強化される。そのため、ペーパーレス化が進む企業や研究所、病院などの会議や、社内情報の共有化への活用に適していると、同社は見ている。

 一方、ケーブルレス充電ラックは、ケーブル接続をせずにAndroid最大10台までの充電が可能。タブレットにマグネットケースを装着し、管理ソフトを合わせて使用すると充電、管理まで一括して行うことができる。同社は「今後は、さらに製品の深堀りをしていくか、ラインナップの強化をしていくか、調査している」としている。

麻生区版のトップニュース最新6

囲碁で全国ベスト16

王禅寺中央中高橋さん

囲碁で全国ベスト16 社会

2大会出場 「夏に雪辱」

4月16日号

駅前ピアノ、ふたたび

新百合ヶ丘

駅前ピアノ、ふたたび 文化

歩行者通路に8日間設置

4月16日号

バリアフリー情報を集約

バリアフリー情報を集約 文化

芸術・文化13施設 地図に

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

駅構内で地場野菜PR

小田急電鉄×地元農家

駅構内で地場野菜PR 社会

 魅力発信へ、初のコラボ

4月2日号

認知症対応で区表彰

トヨタカローラ新百合ヶ丘

認知症対応で区表彰 社会

官民の連携強化へ

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter