麻生区版 掲載号:2017年3月3日号
  • googleplus
  • LINE

麻生市民交流館やまゆりで手描き文字の講座を開く 松澤 弘治さん 静岡県在住 73歳

丸文字で暮らしに彩りを

 ○…チラシや看板などで目にするPOP文字を活用して日々の暮らしに役立ててもらおうと、3月25日に市民交流館やまゆりで講座を開く。「私が考えるPOP調の文字は手書きではなく『手描き』。親しみやすさを感じることが出来るので、一般の方も商店主もその良さを知って欲しい」。今回はモットーである「字遊字在・楽描き遊楽」の思いを伝える機会にもなる。

 〇…山形県生まれ。絵を描くよりもレタリングへの興味が強かったという少年時代。中学生の頃には地域の運動会の看板やポスターなどを任されるようになった。高校卒業後、衣料品などを扱う大型店舗に就職し、通常業務の傍ら新規出店の現場でPOP作りを行い腕を磨いていった。20代半ばに静岡鉄道(株)グループへ転職し、ショッピングセンターなどでイベントの企画立案からポスターなどビジュアル面の素案作りまで担当。「PCも普及していない時代でしたので手作業も多く、独学で多くを学んできました」と振り返る。

 〇…静岡県藤枝市で妻と2人暮らし。これまでの経験を生かし現在は「手描き販促塾伝道士」として各地で講座を開講しながら、月の1/3は娘夫婦が暮らす麻生区を拠点に美術館巡りなどを楽しむ。「ショッピングモールとかを歩くとどうしても宣伝の仕方とかを見てしまうんです」。路面店などで見かける黒板も「通りすがりの人の目を留まらせたり、商品を引き立たせるものにしないと」と、おせっかいは承知の上で店の人に進言するなど、宣伝することに関しては現役のままの情熱で接している。

 〇…基本を学べば誰でも書ける親しみやすさ、自分なりの創作ができるのがPOP調手描き文字の魅力だという。「メールでも良いけど、たまには自分の文字で手紙を描いたりすることで暮らしに彩りが生まれると思うんです。日本独自の文字に改めて親しみを持って貰うための活動を続けていきたいですね」。

麻生区版の人物風土記最新6件

岩田 輝夫さん

15周年を迎えた麻生区クールアース推進委員会の委員長を務める

岩田 輝夫さん

1月19日号

四宮(しのみや) 菊乃さん

女子ボクサーとして史上最年少で3月、プロデビュー戦に挑む

四宮(しのみや) 菊乃さん

1月12日号

飯草 康男さん

柿生禅寺丸柿保存会の新会長に就任し、周知PR活動などを行っている

飯草 康男さん

1月5日号

川瀬 典宏さん

川崎青年会議所の第68代理事長に就任した

川瀬 典宏さん

1月1日号

宮田 良亮さん

岡上分館で16日、地域活性と交流の催し「パーマネントライフを語ろう!」を開催する

宮田 良亮さん

12月15日号

細沼 凌史さん

「第21回岡本太郎現代芸術賞」で先月、入選を果たした

細沼 凌史さん

12月8日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統の「能楽」気軽に体験

伝統の「能楽」気軽に体験

市民館で全3回講座

1月30日~2月13日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第116回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 後編

    1月19日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第115回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 前編

    1月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク