麻生区版 掲載号:2017年3月3日号 エリアトップへ

岡本太郎美術館 TARO賞、26作品集う 4月9日まで作品展

文化

掲載号:2017年3月3日号

  • LINE
  • hatena

 現代社会に鋭いメッセージを突きつけるアーティストを発掘する「岡本太郎現代芸術賞」(TARO賞)の受賞者が今月、発表された。意欲的な作品26点が多摩区にある川崎市岡本太郎美術館に集まり、4月9日(日)まで展示されている。

 20回目の今回は、応募総数499点から26人(組)が入選。市内からは照屋美優さん(29)=川崎区在住=が選出された。最高賞となる岡本太郎賞には、山本直樹さん(53)の「Miss Ileのみた風景」=写真=、岡本敏子賞に井原宏蕗さん(28)の「Cycling」が選ばれた。

 山本さんは、ガラスに囲まれた空間に角砂糖を並べて、日本の街並みを制作。人が近づくとミサイルの発射音が鳴り響き、照明によって街が明るく照らし出されるよう演出を施している。ガラスには「暗殺」や「保育園落ちた 日本死ね」などといった社会問題を意識させる言葉をグラニュー糖で浮かび上がらせている。山本さんは「Miss Ile(ミス イル)とはミサイルのこと。擬人化して、ミサイルから今の日本を眺めたらどんな風に見えるか想像し、『今』の日本を表現した」と作品アイデアのきっかけを語る。

 審査員からは「スイートな砂糖で都市を形成する点においても今日性と社会性で優れた作品」と評された。

 開館は午前9時30分〜午後5時。月曜、祝日の翌日は休館。

 問い合わせは同館【電話】044・900・9898。

麻生区版のローカルニュース最新6

7団体が市民館に舞う

7団体が市民館に舞う 文化

事前申込み制

9月17日号

地元野菜普及めざし

JAセレサ川崎

地元野菜普及めざし 文化

CD2500枚 市へ

9月17日号

まちの魅力を「もっと」

麻生と私 第6回 区制40周年プレ企画

まちの魅力を「もっと」 社会

中島健介さん(41才)=万福寺在住

9月17日号

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験 文化

10月5日から 麻生市民館で

9月17日号

「ありがとう」が活動の源

「ありがとう」が活動の源 社会

地域活動に尽力 平原廣さん

9月17日号

逆転サヨナラで「若葉」優勝

区学童野球

逆転サヨナラで「若葉」優勝 スポーツ

秋季J:COM大会

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook