麻生区版 掲載号:2017年4月21日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

新規開園 指導付き貸し農園「あぐりっこ農園・五月台」 23日(日)に現地説明会を開催

自然が残るエリアに開園
自然が残るエリアに開園
 麻生区内に貸し農園「あぐりっこ農園」が4月23日(日)に開園する。JAセレサ川崎の子会社、セレサアグリコ(株)が運営を行う。

 趣味の土いじりをもっと楽しみたい、子どもや孫に食育を伝えたい…。家庭菜園以上の満足感が味わえる貸し農園は人気レジャーの一つにもなっている昨今。同園では農具から種苗、肥料などが用意されている他、農業のプロが現地で講習会を開いて野菜作りの知識やコツを伝えるなど1年を通じた収穫をサポートする。

 畑は1区画が15平方メートルと広めに用意され、割安な利用料(年間84000円)は地元JAならでは。4月23日(日)午前9時30分から現地で利用説明会/栽培講習会を実施。申込みや詳細の問合せは左記へ(土日祝日除く)。

■セレサアグリコ(株)

【電話】044・777・6655

あぐりっこ農園

農園場所:川崎市麻生区五力田466-1

TEL:044-777-6655

麻生区版のピックアップ(PR)最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第144回 シリーズ「麻生の歴史を探る」入会地騒動 後編参考資料:「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「町田市史」「川崎市史」「新編武蔵風土記稿」

    2月8日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク