麻生区版 掲載号:2017年7月14日号
  • googleplus
  • LINE

授産学園天体観測室 星空の魅力 気軽に誰でも 恒例観望会に延べ1万6千人

文化

天体観測室に立つ石井和明学園長
天体観測室に立つ石井和明学園長
 区内細山にある障害者複合施設「川崎授産学園」(石井和明学園長)で1981年のオープン以来催されているのが、建物に併設の天体観測室で行われている天体観望会。現在までに延べ1万6千人以上が参加している、地域と学園をつなぐ交流行事だ。

 学園4階にある開閉式の4mドームには、現在2代目となる15cm屈折望遠鏡が設置。車椅子参加者などが望遠鏡を扱えるよう、ボタン操作で床面が昇降するなどの設備も備わっている。

 観測室は同学園の建設にあたり土地を寄付したアマチュア天文研究者の故・箕輪敏行さんが私費を投じて作り上げたものだ。市内小学校で校長も務めた箕輪さんは、1953年から活動している川崎天文同好会創設者の一人。西生田小学校での天文学習会など、川崎市内で教育と併せ、星空の魅力を広く伝えてきた。そんな箕輪さんが市民連帯や共生の施設として建設された授産学園内に設けたのが天体観測室。現在は同好会メンバーや学生ボランティアなどによって年4回の観望会が行われ、誰でも気軽に学園を訪れることが出来る機会を提供している。箕輪さんも2014年に亡くなるまで観望会に参加し、挨拶を行っていた。

 石井学園長は「1986年のハレー彗星の時は3千人の応募があった。早朝の月食など、思い出深い回も多い。川崎の子どもたちのために天体学習の場を、という箕輪先生の意志をこれからも継承していきたい」と話す。40年近く経過した学園の今後について、建て替え検討などの際は「シンボルでもあるドームは残していきたい」としている。

29日に夏の天体観望会

 次回の観望会は7月29日(土)、午後7時から開催。夏の大三角形や夏の星座などの観望と解説に加えブラックライトシアターも予定。詳細は授産学園(【電話】044・954・5011)へ。

ドームを開閉して夜空を望む
ドームを開閉して夜空を望む

麻生区版のトップニュース最新6件

「在宅」強化 29施設増へ

川崎市高齢者ケア

「在宅」強化 29施設増へ

1月19日号

3割超が出動不要電話

麻生署110番通報

3割超が出動不要電話

1月19日号

救急出動 9年連続増

川崎市

救急出動 9年連続増

1月12日号

教会の月1食堂 開設1年

病床、在宅医療に重点

かわさき保健医療プラン

病床、在宅医療に重点

1月5日号

新たな取組みで課題に対応

北沢区長新春インタビュー

新たな取組みで課題に対応

1月5日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統の「能楽」気軽に体験

伝統の「能楽」気軽に体験

市民館で全3回講座

1月30日~2月13日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第116回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 後編

    1月19日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第115回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 前編

    1月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク