麻生区版 掲載号:2017年7月14日号
  • googleplus
  • LINE

多摩川エコミュージアム 「母なる川」魅力伝え15年 市民発の流域まちづくり

社会

同NPOが管理運営するせせらぎ館。地域の小学生も清掃などに協力
同NPOが管理運営するせせらぎ館。地域の小学生も清掃などに協力
 二ヶ領せせらぎ館(多摩区宿河原)の管理運営を行い、川崎の母なる川・多摩川の自然や歴史、文化を伝える活動をしている「多摩川エコミュージアム」が今年7月にNPO法人設立から15年を迎えた。7月に代表理事に就任した松井隆一さん(74)に今後の展望などを聞いた。

 かつて「あばれ川」とも呼ばれた多摩川。1974年の台風では、洪水で19軒の民家が流されるという大災害も発生している。治水安全のため造られた現在の二ヶ領宿河原堰が完成したのは99年のことだ。

 片や多摩川を愛する市民が行政と協働で「多摩川エコミュージアム構想」を97年に策定。「多摩川の流域をそのまま博物館に」と目的を掲げて活動を展開した。多摩川を所管する京浜河川事務所に「市民の活動拠点をつくってほしい」と要望し、二ヶ領宿河原堰の管理所の一角に「二ヶ領せせらぎ館」が設置された。この市民らの活動は二ヶ領せせらぎ館の運営などを経て、02年にNPO法人格を取得。NPO法人多摩川エコミュージアムが誕生した。

 法人設立から今年で15年。今年7月に松井隆一さんが代表理事に就任した。松井さんは宮前区のまちづくり協議会、平瀬川流域まちづくり協議会でも活動する人物だ。松井さんは「多摩川は市民にとってかけがえのない資産。子どもたちの故郷として多摩川を後世に残していきたい。水と緑を守りながら、多摩川流域の文化度もあげていきたい」と抱負を語る。

 同法人は市民団体とネットワークを結び、環境啓発や水遊びの場を提供する活動などを展開。今年8月には10回目となる「エコカップいかだ下り」を開催する。管理運営する二ヶ領せせらぎ館では、多摩川に生息する生物などを展示している。学校の環境学習にも協力し、年間で1千人以上の小学生に多摩川の歴史や文化を伝えている。

 一方で、行政からの補助金が減り、資金調達に課題もあるという。松井さんは「企業や商店街から協力してもらえるような新しい仕組みづくりにも着手したい」と意欲をみせる。

新代表の松井さん
新代表の松井さん

麻生区版のトップニュース最新6件

「在宅」強化 29施設増へ

川崎市高齢者ケア

「在宅」強化 29施設増へ

1月19日号

3割超が出動不要電話

麻生署110番通報

3割超が出動不要電話

1月19日号

救急出動 9年連続増

川崎市

救急出動 9年連続増

1月12日号

教会の月1食堂 開設1年

病床、在宅医療に重点

かわさき保健医療プラン

病床、在宅医療に重点

1月5日号

新たな取組みで課題に対応

北沢区長新春インタビュー

新たな取組みで課題に対応

1月5日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統の「能楽」気軽に体験

伝統の「能楽」気軽に体験

市民館で全3回講座

1月30日~2月13日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第116回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 後編

    1月19日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第115回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 前編

    1月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク