麻生区版 掲載号:2017年7月21日号
  • LINE
  • hatena

2017-2018年 川崎白百合ライオンズクラブの会長に就任した 月本 琢也さん 白鳥在住 38歳

明るく元気に未来のために

 〇…クラブ歴代最年少の44代目新会長。今年のテーマは「切磋琢磨」。琢の字に「、」を入れた旧字は自身の名前の一文字でもある。「骨や象牙を意味する切磋と、琢磨は宝などをより輝かせるために加工する言葉。地域の宝である子どもたちが輝いていけるような活動をしていきたい。一画多いのもワンポイント重ねた奉仕をしたいという思いを込めました」

 〇…大阪府生まれ。上京して大学で法律を学び、漠然と就職をゴールに据えていた学生に、研修で訪れたニューヨークの熱気が軌道を変えた。頭をよぎったのが小学校4年の時に経験した消費税導入の思い出だ。「みんなが嫌なことをなんで政治家は進めるんだって父親に聞いたら『今やらないと将来困るからだ』と。批判を受けながら未来のために仕事をすることに魅力を感じたのを覚えていた」。選挙ボランティアから会社員、政務秘書など紆余曲折を経て32歳の時に川崎市議に当選した。

 〇…心臓移植に関わる募金活動をLCと行ったことなどが縁で始まったクラブ歴はもうすぐ7年目を迎える。「入るつもりはなかったんですが知り合いが多くなり、一番身近な奉仕団体だったので」と笑顔を見せる。今趣味にしているのはニュースポーツ「クッブ」。普及指導員資格も取得したが「市議とクッブ以外は周囲の方々から影響を受けて始めることが多いです」とのことで、防災防犯のNPO法人や総合型地域スポーツクラブなど、地域の活動は熱伝導によるものも多い。

 〇…90代の現役メンバーも活動するLCについて「孫みたいな自分でも対等。世代関係なく後押ししてくれる一つのチーム」。今年は薬物乱用防止講座開催を区内の小中高校にも呼びかけていくほか、ガールスカウトとの関係強化などこれまでの活動をより推し進める。「どんな世代でも知見を生かして参加できるのがLC。明るく元気な奉仕活動をしていきたい」と前を向く。
 

麻生区版の人物風土記最新6件

加藤 健(たけし)さん

市民交流館やまゆりでSNS活用の講座を開催している

加藤 健(たけし)さん

2月15日号

飛永 かの子さん

2月21日、22日に開催される「ゆりバル」実行委員長の

飛永 かの子さん

2月8日号

佐藤 菊夫さん

アートガーデンかわさきで「川崎百景 企画展」で絵画作品が展示されている

佐藤 菊夫さん

2月1日号

神野 佳奈子さん

リリオスで行われる未病講座や食育講座で講師を務める野菜ソムリエの

神野 佳奈子さん

1月25日号

藤木 秋奈さん

1月25日開催「あさお芸術のまちコンサート」に出演するサックス奏者の

藤木 秋奈さん

1月18日号

音川 進さん

全国大会に出場する小学生女子バレーボールチーム「川崎ソルジャーズ‘G」監督を務める

音川 進さん

1月11日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第144回 シリーズ「麻生の歴史を探る」入会地騒動 後編参考資料:「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「町田市史」「川崎市史」「新編武蔵風土記稿」

    2月8日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク