麻生区版 掲載号:2017年8月4日号 エリアトップへ

桐光高野球部 3年連続 県ベスト4 横浜に敗れるも健闘

文化

掲載号:2017年8月4日号

  • LINE
  • hatena
3回裏、一時同点となる満塁弾を放つ桂川選手
3回裏、一時同点となる満塁弾を放つ桂川選手

 第99回全国高等学校野球選手権神奈川大会の準決勝が先月28日、横浜スタジアムで行われ、麻生区の桐光学園は横浜高校に6対10で惜敗。3年連続県ベスト4で今年の夏を終えた。

 準々決勝の慶應戦では11対8で乱打戦を制するなど、強力打線で大会を勝ち上がってきた桐光。横浜との準決勝も打ち合いとなった。2回までに5点を奪われ、ビハインドの展開となるも、4点を追う3回裏、2死満塁から桂川弘貴選手(3年)が初球をたたくと、打球はレフトスタンド最上段へ。同点満塁ホームラン。「積極的に打っていこうと思った。思いっきり振ったら、飛んでくれた」と振り返る。

1年生投手が力投

 打線が奮闘する一方、投手陣は先発の谷村然投手、2番手の冨田冬馬投手、ともに1年生ピッチャーが力投。特に左腕・冨田投手は3回1死からマウンドに上がり、直球、スライダー、チェンジアップのコンビネーションで9回まで粘り強いピッチングを見せた。しかし、横浜の4番・増田珠選手(3年)に2本塁打を浴びるなど、追加点を奪われ、桐光も齋藤健成選手(3年)のソロ本塁打などで食らいついたが、反撃は及ばなかった。

 3年連続で同じ横浜に敗れ、準決勝敗退となったが、桐光・野呂雅之監督は「相手どうこうではなく、準決勝で敗れ、残念。優勝しなくては。打線はよかったが、長く続けることが難しい。もう少し精度を上げていきたい」と語る。冨田投手は「甘い球を一球で仕留められた。来年は絶対に甲子園に行きたい」と悔しさを滲ませる。関屋豪晃主将(3年)は「自分一人ではここまでできていない。同じ方向を向いていた。今まで支えてくれた人たちにありがとうと言いたい」と語った。

麻生区版のローカルニュース最新6

はじめてのヨガ体験

【Web限定記事】しんゆり交流空間リリオス

はじめてのヨガ体験 社会

3月27日 体を動かしてリラックス

3月5日号

乾物でおいしい防災食

乾物でおいしい防災食 社会

リンクママが調理紹介

3月5日号

春の旧黒川村を歩く

春の旧黒川村を歩く 文化

4月12日 麻生の歴史散策

3月5日号

東柿生小 石井さんが金賞

川崎西法人会

東柿生小 石井さんが金賞 教育

税の絵はがきコンクール

3月5日号

「なぜ日本で英語講師に」

「なぜ日本で英語講師に」 文化

市民館主催 オンライン講演

3月5日号

クリスマスローズ講習

クリスマスローズ講習 社会

7日、岡上 季の庭で

3月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【6】 「鶴見寺尾絵図2」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    2月26日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク