麻生区版 掲載号:2017年8月11日号 エリアトップへ

市内産の梨を堪能 地元でもぎ取り体験も

文化

掲載号:2017年8月11日号

  • LINE
  • hatena
旬を迎えた「幸水」
旬を迎えた「幸水」

 川崎市内では、各地で梨やブルーベリー、イチジクといった様々な果物を生産している。

 この時季、旬を迎える梨は「もぎ取り体験」ができる農園もある。この夏、各園を訪れ地元産の梨を堪能してみては。

多摩川梨

 「かわさき農産ブランド」にも指定されている市内産の梨は「多摩川梨」と呼ばれ、市民に親しまれている。

 その歴史は古く、江戸時代初期に大師河原村(今の川崎区)周辺で梨栽培がおこなわれていた記録がある。現在は多摩・宮前・高津・中原・麻生区の市内約29万平方メートルで栽培されている。

 主な梨の収穫期は、「幸水」が8月中旬〜下旬、「豊水」「二十世紀梨」が9月上旬〜中旬。もぎ取りができる農園は以下の通り。

 ▽田村果樹園(多摩区中野島1の7の10/【電話】044・944・7941)▽中イ園(多摩区中野島3の31の40/【電話】044・911・6800)▽かしや梨園(多摩区中野島4の1600/【電話】044・900・1681)▽三平果樹園(多摩区登戸1251/【電話】044・900・3752)▽石井梨園(多摩区登戸2367/【電話】044・911・5912)▽ヤマモ(多摩区長尾1の435の1/【電話】044・911・6537)▽井喜梨園(多摩区長尾1の14の3/【電話】044・922・1859)▽日の出園(多摩区堰2の8/【電話】090・2720・9746)▽やまじょう梨園(多摩区菅稲田堤2の7の11/【電話】044・944・2900)

 もぎ取りに行く際には事前に問い合わせを。

麻生区版のローカルニュース最新6

はじめてのヨガ体験

【Web限定記事】しんゆり交流空間リリオス

はじめてのヨガ体験 社会

3月27日 体を動かしてリラックス

3月5日号

乾物でおいしい防災食

乾物でおいしい防災食 社会

リンクママが調理紹介

3月5日号

春の旧黒川村を歩く

春の旧黒川村を歩く 文化

4月12日 麻生の歴史散策

3月5日号

東柿生小 石井さんが金賞

川崎西法人会

東柿生小 石井さんが金賞 教育

税の絵はがきコンクール

3月5日号

「なぜ日本で英語講師に」

「なぜ日本で英語講師に」 文化

市民館主催 オンライン講演

3月5日号

クリスマスローズ講習

クリスマスローズ講習 社会

7日、岡上 季の庭で

3月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【6】 「鶴見寺尾絵図2」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    2月26日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク