麻生区版 掲載号:2017年9月1日号
  • googleplus
  • LINE

地元活性のSNSコミュニティ「ふらっと新百合ヶ丘」や農園体験イベントを運営する 中村 ふみよさん 細山在住 35歳

地元楽しむ暮らしの提案

 ○…今年3月に5人の母親で地元情報を共有するFacebookコミュニティ「ふらっと新百合ヶ丘」を立ち上げ、そこを起点に地元の農業を知ってもらうイベントを開催。8月末には2回目となる催しで野菜を使った布染めを行った。「初回は知り合いの知り合いみたいな感じでしたが、今回はより多くの方に参加してもらいました。自然の中で何か経験をさせたい親は多いんだなと実感しました」。地元農家や農園のファンを作ることで地域の活性と交流を目指している。

 〇…山口県下関市生まれ。本が好きで発信することに興味を持ち、ライターを目指して都内の大学へ。今と変わらない「自らが動いていく姿勢」で就職前からデザインや印刷のスキルを学んでいった。印刷会社やコンサルタント会社を経て結婚を機に独立し、子育てに向いている街として2010年、出産のタイミングで麻生区に居を移した。「ここは雪も降るし、四季を感じることが出来るので故郷を思い出すこともできました」と街の印象を語る。

 〇…現在は2児の母親であり、女性起業家の創業支援セミナーで講師なども務める。女性起業家らと高津区で開催している「Vege&Art Fes」の運営も行うなど活動は活発だ。「計画的に進めているというよりも地域で頑張るママや起業家の方、農家の皆さんなど色んな人の期待に応えたいという思いの方が大きい。仲間と何かを作り上げる達成感があるので、私は出来る範囲のことをやっているだけです」

 〇…新百合ヶ丘はどこかに出かけることも買い物をすることも便利なエリアだからこそ、多様な街の魅力を多くの親子で共有したいという思いは強い。「住んでいる所に関心を持ち、地元での子育てをもっと楽しむことができるってことを知ってもらえたら嬉しいです」。これからは新百合ヶ丘でも元気な笑顔で地域の輪を仲間たちと広げていく活動を続けていく。

麻生区版の人物風土記最新6件

岩田 輝夫さん

15周年を迎えた麻生区クールアース推進委員会の委員長を務める

岩田 輝夫さん

1月19日号

四宮(しのみや) 菊乃さん

女子ボクサーとして史上最年少で3月、プロデビュー戦に挑む

四宮(しのみや) 菊乃さん

1月12日号

飯草 康男さん

柿生禅寺丸柿保存会の新会長に就任し、周知PR活動などを行っている

飯草 康男さん

1月5日号

川瀬 典宏さん

川崎青年会議所の第68代理事長に就任した

川瀬 典宏さん

1月1日号

宮田 良亮さん

岡上分館で16日、地域活性と交流の催し「パーマネントライフを語ろう!」を開催する

宮田 良亮さん

12月15日号

細沼 凌史さん

「第21回岡本太郎現代芸術賞」で先月、入選を果たした

細沼 凌史さん

12月8日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統の「能楽」気軽に体験

伝統の「能楽」気軽に体験

市民館で全3回講座

1月30日~2月13日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第116回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 後編

    1月19日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第115回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 前編

    1月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク