麻生区版 掲載号:2017年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

精神疾患の治療とケア 9月11日 エポックで公開講座

社会

 「精神障がいを正しく理解してもらいたい」と精神障がい者とその家族で組織する特定非営利活動法人川崎市精神保健福祉家族会連合会あやめ会(山本泰彦理事長)が、9月11日(月)に川崎市総合福祉センター(エポックなかはら/中原区上小田中6の22の5)で公開講座を行う。午後2時開演、4時終了予定。

 今回のテーマは「ストレス社会における精神疾患の治療とケアについて考える」。うつ病、統合失調症など、近年、増加傾向にあるという精神疾患のトータルケアについて考える。講師は、帝京大学医学部付属溝口病院精神科科長の張賢徳教授が務める。同会では「社会的に障がい者差別をなくそうという傾向にありますが、昨年起きたやまゆり園での事件をはじめ、障がいへの誤解や偏見がまだまだあります。障害を理解するきっかけにしてもらいたい」と話す。

 参加無料。希望者は直接会場へ。詳細、問い合わせは同会(【電話】044・813・4555)へ。

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統の「能楽」気軽に体験

伝統の「能楽」気軽に体験

市民館で全3回講座

1月30日~2月13日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第116回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 後編

    1月19日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第115回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 前編

    1月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク