麻生区版 掲載号:2017年9月22日号 エリアトップへ

3人組バンドSHISHAMO 等々力公演 夢が現実に 宮崎さん「感謝でいっぱい」

文化

掲載号:2017年9月22日号

  • LINE
  • hatena
メンバーの(右から)吉川さん、宮崎さん、松岡さん
メンバーの(右から)吉川さん、宮崎さん、松岡さん

 川崎市出身、在住の女性3人組バンド「SHISHAMO」(シシャモ)が来年7月28日、中原区の等々力陸上競技場で単独ライブを行うことが決まった。夢が現実に―。ギター・ボーカルの宮崎朝子さん(22)は喜びの声を本紙に寄せた。

 「SHISHAMO」は幸区の市立川崎総合科学高校の在学中に結成し、卒業後にバンド活動を本格化させた。宮崎さんのほか、ベースの松岡彩さん(21)、ドラムの吉川美冴貴さん(22)が現在のメンバー。3人はサッカーJ1・川崎フロンターレのファンとしても知られ、今年3月のホーム開幕戦には始球式を務めた。テレビCMにも使われた『明日も』はフロンターレの試合を観戦した際にサポーターの応援に胸打たれて制作。同クラブの応援歌(チャント)にもなっている。

 「私、宮崎にとっては言うまでもなく唯一無二の生きてきた街。SHISHAMOにとってはまさにSHISHAMOが生まれた街でありその成長はいつも川崎とともにあった」と川崎市への思いを語る宮崎さん。地元愛から「いつか等々力競技場でライブをしたい」との思いを公言し、2月に福田紀彦市長を訪問した際にも口にしていた。3人の熱い思いを受け止めた川崎市が、調整に動いて実現。市によると、等々力陸上競技場での単独音楽ライブは史上初という。

 宮崎さんは「まだ誰も開催したことのない場所ということで、実現させるのは、相当大変な道になるだろうということは分かっていました。今こうして発表することができて本当に嬉しい。今までのライブとは比べ物にならないくらい、たくさんの方々にご協力いただいた。感謝の気持ちでいっぱい」と喜びもひとしおだ。

 公演は「SHISHAMO NO 夏MATSURI(まつり)!!!〜ただいま川崎2018」と題し、午後5時開演予定。関係者によると、2万人規模のライブを目指すという。来夏のステージに向け、宮崎さんは「ライブだけでなく、家族連れで来ていただいた方々や小さな子どもにも楽しんでもらえるような一日にしたい」と意欲をみせる。

麻生区版のローカルニュース最新6

温もりある作品を展示

温もりある作品を展示 文化

住宅街のギャラリーで

12月13日号

地域デビュー応援講座

地域デビュー応援講座 社会

1月から全5回

12月13日号

地場産素材で限定ランチ

レストランあさお

地場産素材で限定ランチ 文化

12月は野菜直売も併催

12月13日号

風景印 開局30周年で刷新

栗平郵便局

風景印 開局30周年で刷新 文化

地域色反映の公募作採用

12月13日号

多彩な地域人が交流

多彩な地域人が交流 文化

やまゆりで親交深める

12月13日号

名称「mizoo(ミズー)」に決定

浮世絵ギャラリー開館

JR川崎駅前

浮世絵ギャラリー開館 文化

インバウンド効果に期待

12月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月6日号

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.19食習慣がもたらす発育不全

    11月29日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第163回 シリーズ「麻生の歴史を探る」榛名山(はるなさん)信仰〜風祭り〜 後編 文:小島一也(遺稿)

    11月29日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク