麻生区版 掲載号:2017年9月22日号 エリアトップへ

新川崎放送協会 登戸に来春開局へ 麻生区・多摩区で新ラジオ

文化

掲載号:2017年9月22日号

  • LINE
  • hatena
共同代表の加藤さん(左)と出浦さん=西生田の事務所
共同代表の加藤さん(左)と出浦さん=西生田の事務所

 麻生区、多摩区を主な対象にしたラジオ局「エフエムエーティー」(FMAT)の開局に向け、NPO法人新川崎放送協会が多摩区登戸への放送局開設を検討、調整している。同会では開局資金の目標額5千万円を年末までに確保し、来年4月の放送開始を目指す。

 「日本で一番面白いコミュニティFM」をテーマに、市民グループの新川崎放送協会を設立したインターネットラジオ「ピテラジ」東京支部長の加藤寛理(ひろまさ)さん(33)=多摩区在住=と、劇団代表の出浦啓介さん(38)。2人は共同代表として、出浦さんが番組構成と演出、加藤さんが編成以外の全てを統括する計画だ。

2区密着 足で稼ぐ

 来春に向けた準備、活動の軸は資金集めと(番組進行役の)パーソナリティー募集だという。「開局2年目までは、団体や企業など地元のあらゆる所を回って売上増につなげたい」と加藤さん。30年来、ラジオを聴き続けている出浦さんは「外回りのレポートで麻生区、多摩区の現場を日中に1日1回は必ず訪問する」と番組制作への意欲を語る。

 聴取率の目安は大手局で1%、コミュニティ局で0・1%と言われる中、「2区とその周辺地区でおよそ人口50万人。そのうち約千人にあたる聴取率0・2%以上を目指す」と2人は意気込む。

 2区で電波がより受信できるように、同会は放送局に必要な演奏所(スタジオ)と送信所(アンテナ)の設置場所を検討。シミュレーション調査の結果、登戸地区が最良と判断された。

 同会は6月末にNPO法人化し、現在は20代から30代を中心にしたメンバー14人が在籍する。開局に向け、パーソナリティー候補やボランティアスタッフを募り、メンバーを50人以上に増やしたいとしている。

 開局資金の想定は1年目の人件費等が約1千万円、機材やスタジオ工事費が約4千万円。収益試算では放送枠やCM枠、時報枠の販売、パーソナリティー養成講座の開講などを収益の柱にし、主要サービスの30%販売で年商約9800万円を見込んでいる。

 同会の詳細はウェブサイト(【URL】 http://fmat.jp)。

麻生区版のトップニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月11日号

住宅地 横ばい傾向続く

麻生区基準地価

住宅地 横ばい傾向続く 経済

商業地の伸び 市内トップ

10月11日号

市立校に半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校に半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月4日号

自転車に保険加入義務

自転車に保険加入義務 社会

県条例 10月から本格開始

10月4日号

悲願の全国 納得の演奏を

桐光学園合唱部

悲願の全国 納得の演奏を 教育

来月開催のNコンに初出場

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

秋の歌声喫茶

秋の歌声喫茶

交流館やまゆりで26日

10月26日~10月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク