麻生区版 掲載号:2017年10月27日号 エリアトップへ

全日本還暦野球大会 川崎ドリームが2連覇 3チーム目の快挙

スポーツ

掲載号:2017年10月27日号

  • LINE
  • hatena
2連覇を果たした川崎ドリームの選手ら
2連覇を果たした川崎ドリームの選手ら

 川崎市内の還暦野球チーム「川崎ドリーム」が9月29日から10月3日に京都で行われた「第33回全日本還暦軟式野球選手権大会」で、2年連続4回目の優勝を決めた。連覇達成は1985年に同大会が始まって以来、3チーム目の快挙となる。

投打で圧倒守備も安定

 今大会には全国から64チームが参加。県内からは2チームが出場し、川崎ドリームは全6試合を戦った。その間、失点は3回戦と決勝の1点ずつ。すべての試合で守備が安定していた。投げては伊波興治投手(62)が6連投し、優秀選手に輝いた。

 打線も圧倒的な力を発揮した。1回戦に14点、3回戦に13点、決勝でも10点を記録。4、5回戦でも盗塁やバントの作戦が奏功した。

 伊波投手は「仲間が頑張って点を取ってくれたので、投球にも気合が入った」と振り返る。

 同大会前に行った練習試合では横浜市のチームに敗北を喫していた。しかし、この敗北がチームを引き締めるきっかけになった。選手はそれぞれ練習を見直し、大会に備えた。そのため代表の下村弘孝さん(78)=人物風土記で紹介=は「ハラハラすることがなかった」と話す。中村宏二監督(75)は「2連覇はとても嬉しい。日頃丹念に練習を積んでいる選手のみんなに感謝」と喜びを語った。

麻生区版のローカルニュース最新6

駅前で白熱 ラグビー観戦

駅前で白熱 ラグビー観戦 スポーツ

得点シーンに200人沸く

8月16日号

鉄道模型で癒し提供

鉄道模型で癒し提供 文化

地元愛好家クラブ 新百合総合病院に展示

8月16日号

プロと市民の演奏会

プロと市民の演奏会 文化

25日 麻生市民館で

8月16日号

地下鉄延伸の説明会

地下鉄延伸の説明会 社会

2市共催で実施

8月16日号

求む「地場産返礼品」

川崎市

求む「地場産返礼品」 経済

8月23日、事業者向け説明会

8月16日号

母親向けヨガ教室

精神保健福祉を学ぶ

精神保健福祉を学ぶ 社会

麻生市民館で7回講座

8月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

活弁付上映を野外で

活弁付上映を野外で

西生田小で初開催

8月24日~8月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第155回 シリーズ「麻生の歴史を探る」蚕影山信仰 後編 文:小島一也(遺稿)

    8月9日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク