麻生区版 掲載号:2017年10月27日号 エリアトップへ

全日本還暦野球大会 川崎ドリームが2連覇 3チーム目の快挙

スポーツ

掲載号:2017年10月27日号

  • LINE
  • hatena
2連覇を果たした川崎ドリームの選手ら
2連覇を果たした川崎ドリームの選手ら

 川崎市内の還暦野球チーム「川崎ドリーム」が9月29日から10月3日に京都で行われた「第33回全日本還暦軟式野球選手権大会」で、2年連続4回目の優勝を決めた。連覇達成は1985年に同大会が始まって以来、3チーム目の快挙となる。

投打で圧倒守備も安定

 今大会には全国から64チームが参加。県内からは2チームが出場し、川崎ドリームは全6試合を戦った。その間、失点は3回戦と決勝の1点ずつ。すべての試合で守備が安定していた。投げては伊波興治投手(62)が6連投し、優秀選手に輝いた。

 打線も圧倒的な力を発揮した。1回戦に14点、3回戦に13点、決勝でも10点を記録。4、5回戦でも盗塁やバントの作戦が奏功した。

 伊波投手は「仲間が頑張って点を取ってくれたので、投球にも気合が入った」と振り返る。

 同大会前に行った練習試合では横浜市のチームに敗北を喫していた。しかし、この敗北がチームを引き締めるきっかけになった。選手はそれぞれ練習を見直し、大会に備えた。そのため代表の下村弘孝さん(78)=人物風土記で紹介=は「ハラハラすることがなかった」と話す。中村宏二監督(75)は「2連覇はとても嬉しい。日頃丹念に練習を積んでいる選手のみんなに感謝」と喜びを語った。

麻生区版のローカルニュース最新6

困ったことがあれば相談

【Web限定記事】

困ったことがあれば相談 社会

市内各種窓口を紹介

5月29日号

図書館が再開

【Web限定記事】

図書館が再開 文化

サービスは限定

5月29日号

家庭ごみ、南北縦断

【Web限定記事】

家庭ごみ、南北縦断 社会

巣ごもりで5〜20%増

5月29日号

文化の担い手を応援

【Web限定記事】

文化の担い手を応援 文化

5万円を支給

5月29日号

外で元気に畑しごと

外で元気に畑しごと 教育

 岡上で種まき

5月29日号

オリジナル除菌ソング公開

【Web限定記事】かわさきレビューESP

オリジナル除菌ソング公開 文化

「マツケンサンバ」真島さん振付

5月22日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク