麻生区版 掲載号:2017年11月3日号 エリアトップへ

黒川地区 里山アートで魅力発信 作家や多摩美大生も参加

文化

掲載号:2017年11月3日号

  • LINE
  • hatena
昨年の散策ツアーの様子
昨年の散策ツアーの様子

 今も里山の田園風景が残る区内黒川地区を活性化させようと、一昨年から行われている「黒川里山アートプロジェクト」が今月1日に始まり、30日(木)まで開かれている。3回目を迎える今回は明治大、川崎市黒川地域連携協議会や和光大の連携、黒川緑地管理協議会、作家の協力に加え、新たに多摩美大生の出品も予定されるなど、広がりを見せている。

 同プロジェクトは「サトヤマアートサンポ」と、昨年始まった「緑と道の美術展」の2つの野外アート展から成る。今回は、多摩丘陵でかつて盛んだった養蚕業から着想した作品など、黒川の自然環境や歴史に焦点を当てた作品が並ぶ。10日(金)〜19日(日)、地域活性化検討専門部会(明治大・市黒川地域連携協議会)と和光大が主催する「サトヤマアートサンポ2017」では、黒川駅南口から明大黒川農場周辺にかけて和光大芸術学科の学生たちによるアート作品が並び、今回新たに汁守神社にも作品が展示される。11日(土)(午前10時〜)・19日(日)(午後3時〜)に行われる散策ツアーでは広町緑地なども含め、和光大生のガイドで現地を巡る。

 また、1日から30日(木)まで黒川緑地管理協議会と「アトリエIZUMI」(町田市)の作家が主催している「緑と道の美術展 in 黒川2017」では、はるひ野駅南口から黒川海道緑地、セレサモス、黒川駅南口にかけた自然風景を石、木、金属などの素材をいかしたアートが彩る。今回新たに多摩美大の卒業生、修了生も多数出品。19日(午後0時30分〜)の散策ツアーでは、「アトリエIZUMI」と多摩美大生がガイドを務める。

 区企画課は「こうした機会を通じて、里山の魅力を発信していければ」としている。

 散策ツアーは各日当日先着30人。詳細・問合せは、アートサンポが区企画課(【電話】044・965・5112)、緑と道の美術展がアトリエIZUMI(【メール】atelier.izumi.1997@gmai.com)へ。

麻生区版のトップニュース最新6

「日本で生活する」

特別企画

「日本で生活する」 社会

外国籍の人に話を聞く

7月3日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

熱中症・コロナ 対策両立へ

熱中症・コロナ 対策両立へ 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

医療ガウン1640着製作

区内有志グループ

医療ガウン1640着製作 社会

ごみ袋利用 現場に提供

6月26日号

夏祭り中止相次ぐ

町内会・自治会主催

夏祭り中止相次ぐ 社会

会議できず準備進まず

6月19日号

詐欺防止へ機器貸し出し

川崎市

詐欺防止へ機器貸し出し 社会

需要増への対策がカギ

6月19日号

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク