麻生区版 掲載号:2017年11月17日号
  • LINE
  • hatena

市民ミュージアム 「それでも描きたい」 大矢さんが展覧会で解説

文化

来場者に絵の解説をする大矢さん
来場者に絵の解説をする大矢さん
 区内上麻生在住の日本画家・大矢紀(のり)さんの代表作など57点を集めた『大矢紀展〜大地(いのち)の輝きを描く〜』が川崎市市民ミュージアム(中原区)で開催されており、11月11日には大矢さんが解説するギャラリートークが行われた。

 当日は約50人が大矢さんを囲み、代表作の裏話や作品への熱い思いに聞き入った。再興第62回院展で奨励賞を受賞した『竜飛岬』の前で解説をした大矢さんは「私は寒くても手袋はしない。描いた気がしないから」と話すと、大雪の日に北海道でタクシーに乗って絵を描きにいったエピソードに触れ「絵を描いてもすぐ手の感覚がなくなるから、タクシーで15分温まる。また外に出て描く。それで7時間。それでも、この感じをどうしても描きたい。タクシーの運転手さんには褒められたよ」と笑いを交えてトークした。

 展覧会は11月26日(日)まで開催中。開館は午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)。観覧無料。大矢さんのギャラリートークは18日(土)、25日(土)にも午後1時から行われる。月曜日、24日(金)は休館。

 問い合わせは同ミュージアム(【電話】044・754・4500)へ。

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

  • 8月17日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

若手演奏家の競演

若手演奏家の競演

25日 芸術のまちコンサート

1月25日~1月25日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第142回 シリーズ「麻生の歴史を探る」露天商揚屋一家 後編参考資料:「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「稲毛郷土史(伊藤葦天)」「川崎市史」

    1月11日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク