麻生区版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

琴平神社宮司 「多くの福が生まれる戌年に」 干支の墨画描き23作目

文化

墨画を手にする志村宮司
墨画を手にする志村宮司
 画家としても活躍する琴平神社(王禅寺東)の宮司・志村幸男さんが、今年で23作目となる干支の墨画を描いた。

 志村宮司は新たな年への願いを込め、毎年干支をモチーフにした墨画を描いている。今年は平成30年の「30」を戌に見立てて描いた。

 志村宮司は「戌は安産の神、子だくさんとしての言われがある。みなさんのもとに、多くの幸せが生まれる年でありますように願います」と話した。

 作品は干支の絵皿や絵馬にプリントされ、境内でお披露目される予定(数がなくなり次第終了する)。

麻生区版のローカルニュース最新6件

”おやじ”の力で活動20年

麻生川沿い 突風で桜が倒木

心をつなぐ珠玉の歌声

タウンニュースホール5周年記念

心をつなぐ珠玉の歌声

9月14日号

伝統の赤で3季目へ

バスケB1 サンダース

伝統の赤で3季目へ

9月14日号

家庭食を見直し学ぶ

高校総体で頂点に

葉山ガーデン宮前店

24日まで秋の「テーブル、ソファ、ベッド」フェア

http://www.hayamagarden.co.jp/

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

英国の新しい保育講座

英国の新しい保育講座

和光大学が主催

9月28日~9月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク