麻生区版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

琴平神社宮司 「多くの福が生まれる戌年に」 干支の墨画描き23作目

文化

墨画を手にする志村宮司
墨画を手にする志村宮司
 画家としても活躍する琴平神社(王禅寺東)の宮司・志村幸男さんが、今年で23作目となる干支の墨画を描いた。

 志村宮司は新たな年への願いを込め、毎年干支をモチーフにした墨画を描いている。今年は平成30年の「30」を戌に見立てて描いた。

 志村宮司は「戌は安産の神、子だくさんとしての言われがある。みなさんのもとに、多くの幸せが生まれる年でありますように願います」と話した。

 作品は干支の絵皿や絵馬にプリントされ、境内でお披露目される予定(数がなくなり次第終了する)。

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラソルアートを体験

パラソルアートを体験

交流空間リリオスでWS(ワークショップ)

6月23日~6月23日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第126回 シリーズ「麻生の歴史を探る」久末義民騒動 後編

    6月15日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第125回 シリーズ「麻生の歴史を探る」久末義民騒動 前編

    6月8日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月15日号

お問い合わせ

外部リンク