麻生区版 掲載号:2018年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

柿生禅寺丸柿保存会の新会長に就任し、周知PR活動などを行っている 飯草 康男さん 栗木台在住 67歳

伝統の火 消さぬ活動を

 ○…柿生地区の名産品として知られる「禅寺丸柿」の伝統を守っていこうと1995年に作られた柿生禅寺丸柿保存会。今年度は新会長の立場で特産品「禅寺丸柿ワイン」の完成を喜んだ。「ワインの出来は毎年違ってくるので、いつも楽しみというより心配しているんです。福田紀彦市長に新作を届けた際、フレッシュな色合いで和食にも合いそうと言われてほっとしたね」と笑顔で語る。

 〇…生まれ育ちは栗木。新興住宅と点在する農地が印象的なこの地域だが「昔はこの辺りは畑ばかりで、どこの農家でも禅寺丸柿が植えられていた。吊るし柿を作るために葉っぱを取るのが子どもの仕事で、一生懸命手伝っていたことはよく覚えているよ」。高校卒業後に家業の農家を継ぎ、20代で樹木の生産販売を開始。その後、開発が進むこの地で造園業を開業し、現在は再び農業を中心とした暮らしを送る。

 〇…母親と妻との3人暮らし。以前は楽しんでいたというゴルフもそこそこに、今は日々の畑仕事と、毎日のようにやって来る孫を笑顔で迎えることが日課になっている。「まあ賑やかだし、帰った後は家の中がめちゃくちゃになっちゃうから文句言いながら片づけるんだけど、それも嬉しいんですよ」

 〇…今年のワイン製造量は4500本。原料の禅寺丸柿は農家による収穫に加え、収穫しきれない分は会のメンバーとJAがもぎ取りを代行して行っている。保存会発足当時の役員メンバーは自分だけとなったが「会長職を引き継ぐ時に、禅寺丸柿の火を消すなよと言われているから重圧もあるけど、何より活動は楽しいしやりがいがある」。禅寺丸柿の知名度を上げて若い層へのPRにと、スパークリングワインにも挑戦したいと意気込む。「宅地化が進むこの地域で、柿の木は何もしなければ減っていってしまう。これからは植樹などで柿を守っていく取り組みもしていきたい」。

麻生区版の人物風土記最新6件

四宮(しのみや) 菊乃さん

女子ボクサーとして史上最年少で3月、プロデビュー戦に挑む

四宮(しのみや) 菊乃さん

1月12日号

川瀬 典宏さん

川崎青年会議所の第68代理事長に就任した

川瀬 典宏さん

1月1日号

宮田 良亮さん

岡上分館で16日、地域活性と交流の催し「パーマネントライフを語ろう!」を開催する

宮田 良亮さん

12月15日号

細沼 凌史さん

「第21回岡本太郎現代芸術賞」で先月、入選を果たした

細沼 凌史さん

12月8日号

廣嶋 一康さん

あさお和凧の会会長として、和凧づくりで地域の世代間交流を行っている

廣嶋 一康さん

12月1日号

高橋 礼さん

専修大学野球部のエース右腕で、福岡ソフトバンクから2位指名を受けた

高橋 礼さん

11月24日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第115回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 前編

    1月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク