麻生区版 掲載号:2018年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

柿生郷土史料館タイアップ企画 柿生文化を読む 第115回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 前編

黒川のセイノカミ
黒川のセイノカミ
 道祖神はセイノカミ(斉、塞)とか、トウロクジン(道陸神)とか呼ばれる道の神様で、通常、村の境や橋のたもと、山の入り口などに、外から来る災い、厄病、災害、邪悪などを防ぐため神が宿した塔を言い、従ってどこの村にも人馬の往来の多い路傍には、「道祖神」と呼ばれる聖地がありました。

 私の家は上・下麻生の境に在りますが、当時(昭和初年)巾4mほどの日野往還(神奈川道、現横浜上麻生線)が下麻生の恩廻し部落(現恩廻公園)の道と接する三叉路に2坪ほどの草叢(くさむら)があり、そこが道祖神の宿る所でした(石塔なし)。毎年1月8日を過ぎると、昨年暮れの煤払いの竹や、門松・荒神様(かまどの神)、正月飾りのお札などを集めて、三角型の塔を作り注連縄(しめなわ)を張り、14日の午後一年の息災を感謝して焼いたものです。この事を「セイノカミ」とか「ドンド焼き」とか言いますが、そのルーツは平安時代、宮中での火祭り行事、左義長(さぎちょう、三毬杖)から始まったもので、清涼殿では毎年小正月(15日)庭に青竹を束ねて立て、扇子や短冊を結い付け囃し立てて焼いた(大辞典)そうです。それが民間では書初めを焼いて舞い上げたり、子供たちには楽しい「だんご焼き」となりますが、焼け残った門松は、それぞれ持ち帰り家の定口(じょうぐち=入口)に立て、焼いた団子は風邪をひかぬといい家族で食べたものです。【後編へ続く】

 参考資料:「川崎の民俗(角田益信)」「くろかわ」「岡上再発見」

 文:小島一也(遺稿)

麻生区版のコラム最新6件

柿生文化を読む

柿生文化を読む

9月21日号

あさおマンスリー

9月 September

あさおマンスリー

9月7日号

歯ウ・トゥ・ケア

ホワイトファミリーつつみ先生の

歯ウ・トゥ・ケア

8月31日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

8月24日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

8月17日号

あさおマンスリー

8月 August

あさおマンスリー

8月3日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋菓子のプロが登壇

洋菓子のプロが登壇

市民館で講演会

10月21日~10月21日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第133回 シリーズ「麻生の歴史を探る」津久井街道〜登戸宿、竹の花宿 前編

    9月21日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク