麻生区版 掲載号:2018年1月19日号 エリアトップへ

15周年を迎えた麻生区クールアース推進委員会の委員長を務める 岩田 輝夫さん 王禅寺西在住 75歳

掲載号:2018年1月19日号

  • LINE
  • hatena

周囲の刺激 エネルギーに

 ○…麻生区クールアース推進委員会が区役所屋上に太陽光発電設備を設置してから15周年の記念イベントとして、明日20日には「未来をひらく自然エネルギー〜映画と講演のつどい〜」を麻生市民館で午後1時30分から開く。同委員会には約10年前に入会し、昨年4月委員長に就任。「15年で続けてこられたのは、これまでの委員長の活躍、功績があったからこそ」と話す。11人のメンバーで「あさお子育てフェスタ」への出展や小学校への出前授業、専門家を招き「あさお自然エネルギー学校」、施設見学会などの活動を通し、自然エネルギーや地球温暖化防止の啓発に取り組む。

 ○…東京都大田区出身。大学卒業後、中学校の教員となり、横浜市内6校で教鞭をとり、教師一筋38年。専門は数学だが、環境教育にも力を入れ、生徒と一緒になり、鶴見川の清掃活動に参加したほか、丹沢のシカが絶滅の危機に瀕した時には、生徒らとともにシカの餌を届けに赴いた。「たくさんの餌が集まり、非常に喜んでもらえた」

 ○…退職後は「地元で何かできないか」と考え、地球温暖化防止の取り組みに共感したクールアースのほか、区地域教育会議の委員として地域の寺子屋事業、麻生市民交流館やまゆりでの市民活動にも参加するなど、多忙を極める。その合間を縫って、40年ほど前に始めた陶器づくりに勤しみ、自宅には工房も構え、「アルテリッカ新ゆり美術展」にも毎回出品するほどの没頭ぶりだ。「いろいろな団体の方々が頑張っている姿を見ると、その度に刺激を受け、エネルギーになっている」と微笑む。

 ○…「日本は山が多く、水も豊富。農業用水路を活用し、もっと小水力発電所が増えてもいいと思う」と語る。今後はクールアースで「メンバーを増やし、大人だけでなく、地球温暖化防止のために今何ができるかを理解して、実行してもらえる子どもたちを増やしていきたい」

麻生区版の人物風土記最新6

立川 志らぴーさん(本名:片桐 悠吾)

麻生市民交流館やまゆりでワンコイン落語会を開催している

立川 志らぴーさん(本名:片桐 悠吾)

町田市在住 27歳

3月27日号

丸山 喬平さん

第23回「岡本太郎現代芸術賞展」で入選した

丸山 喬平さん

王禅寺西在住 32歳

3月13日号

谷添 照美さん

劇団アットリーチェ代表を務める

谷添 照美さん

王禅寺在住 

3月6日号

石井 よし子さん

22日開催の「里山フォーラムin麻生」で事務局長を務める

石井 よし子さん

下麻生在住 70歳

2月21日号

井上 聰一(そういち)さん

2019(令和元)年度の川崎市自治功労者に選ばれた

井上 聰一(そういち)さん

下麻生在住 74歳

2月14日号

藤本 加奈さん

麻生市民館で2月15日に開催する「空と、木の実と。」の上映会を企画する

藤本 加奈さん

白鳥在住 34歳

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク