麻生区版 掲載号:2018年1月19日号 エリアトップへ

川崎市高齢者ケア 「在宅」強化 29施設増へ 介護保険法改正で新計画

社会

掲載号:2018年1月19日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市が先月公表した介護や医療に関する新計画案に、高齢者在宅ケア施設を29カ所増設することなどが盛り込まれた。4月施行の改正介護保険法に向け、市は高齢者の自立支援や要介護度の重度化予防に取り組み、地域で暮らしやすい仕組みづくりを進める方針だ。

 高齢者施策を総合的にまとめる「第7期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画」は、川崎市が3年ごとに策定。第7期は2018年度から20年度までの3年間を計画期間としている。

 市内の高齢者人口は、17年10月時点で30万2000人を超え、5人に1人が65歳以上。第7期最終年度の20年度中には32万人を超え、高齢化率は21%に達する見込みだ。

 これを受け第7期計画には、在宅で介護や看護を行う「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」「小規模多機能型居宅介護」「看護小規模多機能型居宅介護」を計29カ所増設する内容が盛り込まれた。

 「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」では、新設される特別養護老人ホーム(特養)への併設や市有地の活用で20年度までに現状の21カ所から28カ所に増設。「小規模多機能型居宅介護」は48カ所から61カ所、「看護小規模多機能型居宅介護」は10カ所から19カ所に増やす想定で、介護付有料老人ホームへの併設も視野に入れていく。来年度施行の「改正介護保険法」で示された高齢者の「自立支援」「要介護度の重度化予防」の強化という政府の方針に沿って進めていく形だ。

 一方で、計画には特養の690床以上の増設も盛り込まれた。市担当者は「重度化した時に対応できるよう、ニーズにあわせた施設整備が必要。特養も一定数必要だが、地域で暮らし続ける仕組みを強化していく」として「地域居住」の推進を強調。市内特養のスタッフは「特養は入居に時間がかかるというイメージから、早めに申込む人が多く待機者数が増えている。特養に限らず、各施設の数が増えれば必要な人にサービスが届きやすい」と話す。

 市は3月末の計画策定を目指し、2月5日まで市民意見を募集している。

麻生区版のトップニュース最新6

過去5年で最少

区内火災件数

過去5年で最少 社会

救急は前年比221件増

1月14日号

「農家の暮らし」を本に

区内シニア有志

「農家の暮らし」を本に 社会

中山会長「若い世代へ」

1月14日号

地域コミュニティを推進

新春インタビュー

地域コミュニティを推進 政治

三瓶区長、今年の展望語る

1月7日号

区内3人に厚労大臣表彰

区内3人に厚労大臣表彰 社会

地域福祉への貢献を評価

1月7日号

川崎の新時代へ「挑戦」

川崎の新時代へ「挑戦」 政治

福田市長、2022年を語る

1月1日号

12年に1度「寅薬師」

修廣寺

12年に1度「寅薬師」 文化

今秋開扉 住職も交代

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

落語で特殊詐欺防止

落語で特殊詐欺防止

1月28日 区役所で研修会

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月14日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook