麻生区版 掲載号:2018年2月2日号
  • LINE
  • hatena

川崎市 インフル患者が過去最多 学級閉鎖 依然多く

社会

川崎市内の過去5年間の定点あたりの患者数
川崎市内の過去5年間の定点あたりの患者数
 川崎市内のインフルエンザの発生状況が1月24日に発表され、市内61カ所の定点医療機関の1週間の平均患者数が52・16人となり、統計を始めた1999年以来過去最多だったことが分かった。市内の幼稚園や学校などの学級閉鎖数が44学級(1月30日)と多く、市の感染症情報センターは「子どもから大人への感染に注意を」と呼びかける。

 第3週(1月15日〜21日)の定点あたりの報告数は、52・16人。統計以来最も多かった2005年の50・83人を超えた。前週(8日〜14日)の24・07人から急激に増加し、定点あたり30人で発令される「警報」レベルをはるかに上回った。

 川崎市感染症情報センターは「通常はA型が先行し、沈静化してくる2月ごろからB型が流行するが、今年はB型も同時に流行していることが患者数を押し上げている要因の一つ」と話す。市内でも、患者の約半数がB型を占めている。

 同センターは、今後の流行状況について「沈静化、拡大は分からない」としながら、「学級閉鎖数をみると、患者数はまだ増えていくのでは。家族へ感染が広がることもあるので注意してほしい」と呼びかける。

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

  • 8月17日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

若手演奏家の競演

若手演奏家の競演

25日 芸術のまちコンサート

1月25日~1月25日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第142回 シリーズ「麻生の歴史を探る」露天商揚屋一家 後編参考資料:「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「稲毛郷土史(伊藤葦天)」「川崎市史」

    1月11日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク