麻生区版 掲載号:2018年2月2日号
  • LINE
  • はてぶ

川崎出身の3ピースロックバンド「SHISHAMO(シシャモ)」のギターボーカル 宮崎 朝子さん 川崎市出身 23歳

心に「川崎」、奏で続け

 ○…「自分たちらしくできたなって」。紅白歌合戦に初出場し、バンド魂を全国に届けた。5年前、高校卒業と同時に活動を本格化。2016年に日本武道館単独公演を果たし、昨年はCM出演を皮切りに飛躍の年となった。「今までSHISHAMOを知らなかった層の方たちにも知ってもらうきっかけになったと思う」と振り返る。「いい曲を作るっていうのを一番優先する」。アーティスト活動の軸として、思いを明かす。

 ○…4歳上の姉の影響で、小学生の頃からバンド音楽に親しんだ。一方で漫画家を夢見て、市立川崎総合科学高校のデザイン科へ。そこで軽音楽部を選んだ訳は「仲良くて楽しそうで」。負けず嫌いな性格から、部内のコンテストや作曲に次々と挑戦。梶ヶ谷のとんかつ屋で顧問が流していた曲に、現マネジャーが注目し、道が開けた。プロ意識のきっかけは高校最後の年末ライブ。身内以外の観客が初めて訪れ、「部活の延長線っていう気持ちでやってちゃダメなんだなって」。

 ○…「ずっと好きなんですよね、川崎が」。生まれも育ちも川崎。川崎駅付近の商業施設や練習に明け暮れたスタジオなど、思い出があふれる。高校時代には、鹿島田駅付近の水路で男子とザリガニを取って遊んだことも。通学路だった多摩川の河川敷では、作詞に没頭した。今も市内に暮らし、日々の息抜きは家で映画やドラマを観ること。「ゾンビとか。あとやっぱり恋愛。ガラッと変わるんですけど」と笑みをこぼす。

 ○…一昨年の夏に川崎フロンターレの試合を初観戦し、サポーターの熱に圧倒された。そこで作った曲が応援歌でもある「明日も」。以来、メンバーと一緒にアウェー戦や元日の天皇杯決勝、韓国にも足を運んだ。今年7月には、夢だった等々力陸上競技場での単独ライブが控える。「川崎に住んでいる皆さんの応援がないと、もう絶対に実現できないことだと思うので」。地元愛を胸に、突き進む。

麻生区版の人物風土記最新6件

和(かのう) 秀俊さん

社会福祉の専門家として地域のイベントに参画し、課題の解決に取り組んでいる

和(かのう) 秀俊さん

10月19日号

立川 勲さん

11月1日から行われる「緑と道の美術展」を主催する黒川緑地管理協議会代表の

立川 勲さん

10月12日号

田中 みずきさん

しんゆり美ママプロジェクト本部「ビューリリー」代表の

田中 みずきさん

10月5日号

岡倉 進さん

地域で活動する団体を映像で紹介する「あさおドーガサークル」の代表を務める

岡倉 進さん

9月28日号

井出 健治郎さん

今年7月から和光大学学長を務める

井出 健治郎さん

9月21日号

元沢 伸夫さん

バスケB1「川崎ブレイブサンダース」運営会社の社長として、初シーズンに挑む

元沢 伸夫さん

9月14日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

アルナ園で秋祭り

アルナ園で秋祭り

無料の石焼き芋など予定

11月3日~11月3日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第136回 シリーズ「麻生の歴史を探る」日野往還〜神奈川道〜後編

    10月19日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第134回 シリーズ「麻生の歴史を探る」津久井街道〜登戸宿、竹の花宿 後編

    10月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク