麻生区版 掲載号:2018年3月2日号
  • LINE
  • はてぶ

麻生区、田調大 「地域力」診断ツールを作成 22項目で課題など可視化

社会

導入前に住民らがチェックリスト検証などを行った
導入前に住民らがチェックリスト検証などを行った
 麻生区と田園調布学園大学は、地域が抱える課題や現状などを住民自身で導き出すことが出来る診断チェックリストの作成を協働で進めている。4月からの本格活用を前に2月24日、区内在住者が参加し、チェックリストの活用体験などが行われた。

 診断チェックリストは、川崎市が進める「地域包括ケアシステム」(あらゆる世代が住み慣れた地域で安心して暮らし続けるための仕組み)構築に向けた麻生区独自の取り組み。

 区では2016年度、当時新設された地域みまもり支援センター職員らが区内96の町会と自治会を巡回するなどして、その地域の現状を調査。その中で町会長や自治会長から「地元課題の把握や解決していくやり方が分からない」といった声が挙がったことから、17年度は田園調布学園大と共に住民が自己診断で地域に対する認識などを把握するツールの作成を進めてきた。

 同大の学生や地域活動をしている区民、障害者、外国籍の住民らも交えた数回のワークショップを経て作られたチェックリストは「世代交流の機会があるか」「高齢者を見守る仕組みはあるか」「生きがいや生きる楽しみはあるか」など22の項目で構成。これらを数値化することで個人の「地域力」が分かる仕組みだ。

他人事から「自分事」に

 2月24日に行われた体験会では区内在住者や大学生、区職員ら約70人が参加し、チェックリストの検証を実施。最終的に名称は「ちいきのちからテスト」に決まった。リスト作成に携わった田園調布学園大講師で社会福祉学博士の和(かのう)秀俊さんは「項目に答えていくと自身と地域の関わりが簡単に可視化される。これが集約されれば地域の力をいかに上げていくかのヒントになるツールなので、まずは地域のことを他人事ではなく『自分事』にしていくことが大切」と話していた。

 4月以降、区はこのチェックリストをHPに掲載する他、町会や自治会での会合などの場で活用を進めていくとしている。

麻生区版のトップニュース最新6件

「避難」認識に個人差

風水害対策

「避難」認識に個人差

10月19日号

プラスαの演出楽しんで

定員枠561人不足

川崎市認可保育所

定員枠561人不足

10月12日号

駅前に交流拠点を整備

小田急多摩線黒川駅・栗平駅

駅前に交流拠点を整備

10月12日号

「他機関を紹介」2%弱

地域みまもり支援センター

「他機関を紹介」2%弱

10月5日号

川崎横浜で唯一の下落

基準地価麻生区住宅地

川崎横浜で唯一の下落

10月5日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

アルナ園で秋祭り

アルナ園で秋祭り

無料の石焼き芋など予定

11月3日~11月3日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第136回 シリーズ「麻生の歴史を探る」日野往還〜神奈川道〜後編

    10月19日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第134回 シリーズ「麻生の歴史を探る」津久井街道〜登戸宿、竹の花宿 後編

    10月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク