麻生区版 掲載号:2018年3月2日号
  • LINE
  • hatena

麻生区、田調大 「地域力」診断ツールを作成 22項目で課題など可視化

社会

導入前に住民らがチェックリスト検証などを行った
導入前に住民らがチェックリスト検証などを行った
 麻生区と田園調布学園大学は、地域が抱える課題や現状などを住民自身で導き出すことが出来る診断チェックリストの作成を協働で進めている。4月からの本格活用を前に2月24日、区内在住者が参加し、チェックリストの活用体験などが行われた。

 診断チェックリストは、川崎市が進める「地域包括ケアシステム」(あらゆる世代が住み慣れた地域で安心して暮らし続けるための仕組み)構築に向けた麻生区独自の取り組み。

 区では2016年度、当時新設された地域みまもり支援センター職員らが区内96の町会と自治会を巡回するなどして、その地域の現状を調査。その中で町会長や自治会長から「地元課題の把握や解決していくやり方が分からない」といった声が挙がったことから、17年度は田園調布学園大と共に住民が自己診断で地域に対する認識などを把握するツールの作成を進めてきた。

 同大の学生や地域活動をしている区民、障害者、外国籍の住民らも交えた数回のワークショップを経て作られたチェックリストは「世代交流の機会があるか」「高齢者を見守る仕組みはあるか」「生きがいや生きる楽しみはあるか」など22の項目で構成。これらを数値化することで個人の「地域力」が分かる仕組みだ。

他人事から「自分事」に

 2月24日に行われた体験会では区内在住者や大学生、区職員ら約70人が参加し、チェックリストの検証を実施。最終的に名称は「ちいきのちからテスト」に決まった。リスト作成に携わった田園調布学園大講師で社会福祉学博士の和(かのう)秀俊さんは「項目に答えていくと自身と地域の関わりが簡単に可視化される。これが集約されれば地域の力をいかに上げていくかのヒントになるツールなので、まずは地域のことを他人事ではなく『自分事』にしていくことが大切」と話していた。

 4月以降、区はこのチェックリストをHPに掲載する他、町会や自治会での会合などの場で活用を進めていくとしている。

麻生区版のトップニュース最新6件

自転車事故が3割超

川崎市交通事故

自転車事故が3割超

1月18日号

初の100面打ちに挑戦

新百合囲碁学園

初の100面打ちに挑戦

1月18日号

学校司書、4校に1人

市立小

学校司書、4校に1人

1月11日号

区独自で認知症に対応

もの忘れガイドマップ

区独自で認知症に対応

1月11日号

地域の輪をまちづくりに

多田区長新春インタビュー

地域の輪をまちづくりに

1月4日号

待望の発泡柿ワイン完成

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

  • 8月17日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

若手演奏家の競演

若手演奏家の競演

25日 芸術のまちコンサート

1月25日~1月25日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第142回 シリーズ「麻生の歴史を探る」露天商揚屋一家 後編参考資料:「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「稲毛郷土史(伊藤葦天)」「川崎市史」

    1月11日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク