麻生区版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

舞台芸術集団山猫団 児童と交流 集大成の公演 岡上公会堂で10、11日

文化

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena
稽古に励む出演者(後列中央が山猫団の長井さん)
稽古に励む出演者(後列中央が山猫団の長井さん)

 全国で公演活動を行っている舞台芸術集団「山猫団」と地元小中学生による舞台「岡の上のサーカス」が3月10日(土)と11日(日)、岡上公会堂で上演される。3回目の今公演では、初めて一本の演劇を披露。両者にとって集大成となる舞台に挑む。

 山猫団は麻生区片平在住のダンサー、長井江里奈さん(42)が2013年に立ち上げた舞台芸術集団。音楽家や衣装作家から照明、音響といった専門技術者まで擁する団体で、これまで東京都をはじめ各地で独創的な舞台を上演している。

 ダンサーとしても各地の小学校などを巡り、芸術の普及に取り組んできた長井さんが「1回で終わる出会いだけでなく、地域で継続した付き合いを」と始めたのが麻生区での交流活動だ。公募で集まった児童生徒ら約20人と区内で活動するアーティストと稽古を積み、岡上小(15年)と麻生市民交流館やまゆり(16年)で「岡の上のサーカス」公演を開いている。「プロ集団としてクオリティや技術を追求してきたが、子どもたちと長く交流することで人の個性や子どもたちの素晴らしい視点にも気づかされた」と長井さん。

2年半で深まった信頼関係

 これまでは歌や寸劇などを演目ごとに披露していたが、今回は初めて子どもたちを主役に据えたオリジナルの演劇作品を用意。物語は小さなサーカス「山猫団」の公演を見た子どもたちが、自分たちもサーカス団に入りたいと海外まで旅をする騒動などが描かれている。長井さんは「2年半でお互いの信頼関係も深まった。美術や映像といった山猫団が追及しているところと、子どもだって結構やるんだぞというところ、のびのびとした表情を見て欲しい」と期待を込める。

 公演は10日が午後1時からと6時から、11日は午後2時から。入場料500円と終演後に各自鑑賞料を自由に支払う※未就学児無料。詳細は山猫団HP(http://www.ynd.tokyo/)か長井さん(【携帯電話】070・5667・4124)へ問合せを。

麻生区版のトップニュース最新6

「内水」想定区域は市内最小

麻生区内

「内水」想定区域は市内最小 社会

市がマップ配布 準備訴え

3月5日号

歌で復興応援 動画配信

区内歌手MiSAさん

歌で復興応援 動画配信 社会

市CM曲再録 、11日から

3月5日号

実用化へ有償運行開始

しんゆりシャトル

実用化へ有償運行開始 社会

ニーズを検証 5月まで 

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

食住近接地で完熟イチゴ

【Web限定記事】

食住近接地で完熟イチゴ 社会

昨年オープン 早野の農園

2月19日号

地域防災力向上に貢献

Web限定記事はるひ野町内会

地域防災力向上に貢献 社会

市功労者で表彰

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【6】 「鶴見寺尾絵図2」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    2月26日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク