麻生区版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

麻生川桜まつり 31日 メインイベント 歌や踊り、ライトアップも

文化

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena
桜の名所として知られる麻生川(写真は過去に撮影)
桜の名所として知られる麻生川(写真は過去に撮影)

 毎年恒例の「麻生川桜まつり」のメインイベントが31日(土)、JAセレサ川崎パーシモン(片平2の30の15)で開かれる。主催は麻生観光協会。小田急線沿線の桜の名所として知られる麻生川。川沿いに咲く220本以上のソメイヨシノが「桜のトンネル」を織りなす。

 麻生川の桜は、1967年から始まった麻生川沿岸土地改良(治水)事業によって、古沢の共和橋から柿生駅付近まで蛇行していた川が直線化された頃に、両側に約280本が植樹されたもの。麻生川桜まつりは1994年、市制70周年を記念し、区政推進事業として区役所と街づくり財団とが協働で開催したのが始まりだった。その後、区町会連合会、区社会福祉協議会、麻生環境センター上部利用運営委員会などの協力により、さまざまな形で開催されてきたが、まつりの運営に携わってきた麻生観光協会が2012年から主催している。

 メインイベントは31日午後0時30分から4時まで開催(雨天時は翌日開催)。式典のほか、地域にちなんだ歌や踊り、お囃子、よさこいソーランなどが予定されているほか、出店も楽しめる。25日(日)から4月8日(日)には、夜桜のライトアップも行われる予定。問合せは、区役所地域振興課(【電話】044・965・5113)。

麻生区版のローカルニュース最新6

7団体が市民館に舞う

7団体が市民館に舞う 文化

事前申込み制

9月17日号

地元野菜普及めざし

JAセレサ川崎

地元野菜普及めざし 文化

CD2500枚 市へ

9月17日号

まちの魅力を「もっと」

麻生と私 第6回 区制40周年プレ企画

まちの魅力を「もっと」 社会

中島健介さん(41才)=万福寺在住

9月17日号

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験 文化

10月5日から 麻生市民館で

9月17日号

「ありがとう」が活動の源

「ありがとう」が活動の源 社会

地域活動に尽力 平原廣さん

9月17日号

逆転サヨナラで「若葉」優勝

区学童野球

逆転サヨナラで「若葉」優勝 スポーツ

秋季J:COM大会

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook