麻生区版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

ゆたかな財政を市民の願い実現に 日本共産党 川崎市議会議員 かつまたみつえ

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena

 新年度一般会計予算案は市税収入が3479億円で、5年連続過去最大です。財政力指数はすべて「優良」で政令市トップです。一人当たりの市債残高は政令市の平均より10万円も低く、市の貯金である減債基金残高は、100億円積み増しをして2305億円になるなど、借金が少なく貯金が多いのが特徴です。ですが市長は「財政が厳しい」を強調しています。その理由に「196億円の収支不足」「減債基金からの借り入れ」を揚げていますが、これは減債基金への積立額を減らして対応すれば収支不足も出ず、借り入れる必要もない訳で、財政が厳しいという根拠にはなりません。

 「子育てしやすいまち」と言いながら、小児医療費助成制度の対象年齢は小学6年生まで、これは全国20政令市の中で最下位です。地域包括ケアシステムが実地されていますが、専門職である保健師、助産師の増員予定もありません。中小企業の支援・商業振興については、予算が15億円も減額されました。20年の東京オリ・パラを強調しながら、障がい者の専用スポーツ施設を作る予定もありません。高齢者の4人に3人が高いと感じる介護保険料は、4月から285円値上げで5825円になり、制度発足当初より2倍になります。

 一方で、羽田連絡道路など、臨海部の大規模事業予算は208億円で、昨年度の124億円より大幅に増額です。市の財政を限りなく大規模開発につぎ込み、住民には「地域包括システム」を中心に据え、地域の助け合いとシステム作りで、行政の責任を後景に追いやっています。

 切実な市民要求を実現するために、日本共産党は議案提案権を行使し、財源を示して90億円規模の「予算組み替え」を提案しました。

勝又 光江

麻生区上麻生7-18-2

TEL:044-987-1053

http://www.katsumata-mitsue.jp

麻生区版の意見広告・議会報告最新6

ひとり親家庭への持続的な支援充実を!

市政報告

ひとり親家庭への持続的な支援充実を!

公明党川崎市議団 花輪 孝一

1月22日号

ワクチン接種準備と軽症者療養施設の市内設置を求める

議会報告

ワクチン接種準備と軽症者療養施設の市内設置を求める

みらい川崎市議会議員団 あまがさ裕治

1月22日号

令和3年 新しい価値を生み出すまちへ

意見広告

令和3年 新しい価値を生み出すまちへ

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

1月1日号

コロナ禍の年末年始〜川崎市の対応

議会報告

コロナ禍の年末年始〜川崎市の対応

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

12月25日号

市病院局による不正会計と公文書改ざん明らかに

連載 80 市民理解が得られないお金の使い方 その2

市病院局による不正会計と公文書改ざん明らかに

みらい川崎市議会議員団 こば りか子

11月13日号

学校用地の取得

連載 79 市民理解が得られないお金の使い方 その1

学校用地の取得

みらい川崎市議会議員団 こば りか子

10月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク