麻生区版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

ネオホッケー麻生・多摩 合同チームで全国V 幼児の部も2連覇

スポーツ

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena
「岡上こべ」のメンバーら=チーム提供
「岡上こべ」のメンバーら=チーム提供

 「日本小学生&中高生ネオホッケー選手権&幼児大会」が今月18日、八王子市で行われ、岡上を拠点とする「岡上FBC」と多摩区の「こベントス」による合同チーム「岡上こべ」が小学生高学年混成の部で優勝した。

 ネオホッケーは、アイスホッケーに似た室内競技の「フロアボール」を、日本の施設環境に合わせて子どもも楽しめるように改良したニュースポーツ。1チーム6人制で、スティックとプラスチック製のボールを使って得点を競う。

 岡上FBCは麻生市民館岡上分館を拠点としたチーム。同館の元館長で、神奈川県フロアボール連盟の会長を務める加藤宗一監督が約5年前に指導を始め、岡上小学校の児童を中心に活動を拡大してきた。

 加藤監督が兼任しているこベントスの部員不足により、岡上から選抜メンバーを集結させる形で3年ほど前から合同チームを結成。2016年の同大会では低学年の部で準優勝し、昨夏にも全国制覇。成績を残してきたものの、メンバーが4人となったこベントスの休部が決まり、有終の美を飾ろうと両区を行き来しながら練習を重ねてきた。

 今大会には岡上FBCの土方玲志君(百合丘小6年)、二村祐成君(同)、川島風葉さん(岡上小6年)、木村優那さん(同5年)がこベントスのメンバーとともに出場。全国の予選を突破した17チームが高学年の部の頂点を争った。同チームはディフェンスやボールのキープ力を武器に、決勝進出。栃木県のチームを3―1で破り、優勝を手にした。

 「このチームはレベルが高く、ハラハラせずに試合を見守ることができた」と加藤監督。2年生のころから競技を続けている土方君は「自分たちの力を出し切って優勝できたことはとても嬉しい。この先、日本代表選手に選ばれるように頑張りたい」と先を見据える。

 同大会では、幼児の部でも岡上のチームが連覇を果たした。加藤監督は「市内から日本代表として世界で活躍している選手がたくさんいる。やってみたいという子どもがいたら嬉しい」と思いを語った。

麻生区版のトップニュース最新6

手づくりキャラ巡回中

ケアマネら有志

手づくりキャラ巡回中 社会

保育士が制作 施設に展示

5月29日号

事業者支援で10万円

川崎市

事業者支援で10万円 経済

「6月支給」もにじむ不安

5月29日号

オンラインで授業試行

麻生中特別支援級

オンラインで授業試行 教育

【Web限定記事】 新たな可能性広がる

5月22日号

オンラインでイベント開催

【Web限定記事】

オンラインでイベント開催 社会

ベジフェス 地元野菜販売、ワークショップなど

5月22日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 教育

代替案急務も現場頼み

5月15日号

3カ所にPCR検査場

川崎市

3カ所にPCR検査場 社会

市医師会運営 態勢充実へ

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク