麻生区版 掲載号:2018年4月6日号
  • LINE
  • はてぶ

市民主催フリマ 25年の歴史に幕 15日、区役所前で

社会

あさお市実行委員の4人
あさお市実行委員の4人
 市民によるフリーマーケット「あさお市」が、4月の開催で最終回を迎える。川崎市内のごみ問題を考える主婦らが始め25年。地域内で不用品を再利用する場としての役目を終える。

 「あさお市」は近隣住民が家庭で不要になった衣類や台所用品などを売買するフリーマーケット。同実行委員会(奥山玲子代表)が1993年から主催する。ごみの分別やリサイクルに関心のある主婦ら11人が「誰もが気軽に参加でき楽しみながら再利用を実践する場をつくること」を目的に、93年に実行委員会を結成。同年9月に初開催して以来、麻生区役所と市民館の間の広場で、毎年春と秋に年2回ずつ実施してきた。

 同イベントには、多いときで3千人が来場。奥山代表は「開始当時はまだフリマも浸透していなかったが、会場が駅から近いことや、図書館や市民館の利用者で立ち寄る人も多かった」と話す。出店者からの人気も高く、100店の枠に対し3倍から4倍の応募があったことも。「出店者同士や売り手と買い手が会話を楽しむなど、コミュニケーションの場としても機能した」と奥山代表。

 会場内で回収・販売した古着の売上金を区内の福祉事業に寄付するなどチャリティーも実施。これまでの寄付金は合計100万円を超えるという。阪神淡大震災と東日本大震災発生の直後には、特別出店スペースや募金箱を設け被災地支援も行った。

「十分に役目果たした」

 リサイクル店やフリマアプリの台頭で不用品を再利用する機会も増え、近年では客数や出店数も減少傾向に。実行委員が高齢になったことや後継者の不在も重なり、50回を機に終わらせることを昨年決めた。奥山代表は「時代も変わり、役目も終えたかなと思う。公共機関の協力もあって25年と長く続けられ、十分にやってきた」と語る。

 最終回は4月15日(日)に午前9時30分から午後3時まで行われる。雨天時は22日(日)に順延。(問)同実行委員会【電話】044・987・7335(奥山さん)

麻生区版のトップニュース最新6件

「避難」認識に個人差

風水害対策

「避難」認識に個人差

10月19日号

プラスαの演出楽しんで

定員枠561人不足

川崎市認可保育所

定員枠561人不足

10月12日号

駅前に交流拠点を整備

小田急多摩線黒川駅・栗平駅

駅前に交流拠点を整備

10月12日号

「他機関を紹介」2%弱

地域みまもり支援センター

「他機関を紹介」2%弱

10月5日号

川崎横浜で唯一の下落

基準地価麻生区住宅地

川崎横浜で唯一の下落

10月5日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

アルナ園で秋祭り

アルナ園で秋祭り

無料の石焼き芋など予定

11月3日~11月3日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第136回 シリーズ「麻生の歴史を探る」日野往還〜神奈川道〜後編

    10月19日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第134回 シリーズ「麻生の歴史を探る」津久井街道〜登戸宿、竹の花宿 後編

    10月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク