麻生区版 掲載号:2018年4月6日号
  • LINE
  • hatena

自転車安全対策 新百合など4駅で整備 市が事故抑制へ新方針

社会

 川崎市はこのほど、自転車の利用者が多い新百合ヶ丘駅など市内4駅を特定駅として整備する方針を打ち出した。市内で増加する自転車事故の抑制に向け、専用レーンや駐輪場の設置などによって安全で快適な自転車通行環境エリアを構築していく。

 市が今回示した基本方針では、自転車や歩行者が集まる鉄道駅周辺エリアの整備を優先的に進める市内15駅を選定(左図参照)。特に利用者が多い新百合ヶ丘、川崎(JR・京急)、武蔵小杉、武蔵溝ノ口駅の4駅を「特定駅」として通行環境を整えていく。

 整備の手法としては自転車専用レーンの延長や歩行者と自転車を分離する駐輪場出入り口の配置、バス通りの歩行者と自転車の分離などを検討。駅周辺の自転車通行位置を明確化することで、安全性の向上を図る。

 市ではこれまで事故多発箇所や市民から改善要望があった箇所に対して、それぞれ部分的な対応を続けてきた。そのため整備箇所に関連性がなく、断片的な整備にとどまっていた。市の担当者は「道路環境と駐輪対策などに連携して取り組むことで、より安全性を高めていけるのでは」と話している。

 市内の交通事故に占める自転車事故割合は毎年約3割で、県内の平均値より上回っている。昨年1年間の自転車事故件数は1115件で前年より216件増加。死者数は7人となり、4年ぶりに増加へと転じている。

麻生区版のトップニュース最新6件

自転車事故が3割超

川崎市交通事故

自転車事故が3割超

1月18日号

初の100面打ちに挑戦

新百合囲碁学園

初の100面打ちに挑戦

1月18日号

学校司書、4校に1人

市立小

学校司書、4校に1人

1月11日号

区独自で認知症に対応

もの忘れガイドマップ

区独自で認知症に対応

1月11日号

地域の輪をまちづくりに

多田区長新春インタビュー

地域の輪をまちづくりに

1月4日号

待望の発泡柿ワイン完成

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

  • 8月17日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

若手演奏家の競演

若手演奏家の競演

25日 芸術のまちコンサート

1月25日~1月25日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第142回 シリーズ「麻生の歴史を探る」露天商揚屋一家 後編参考資料:「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「稲毛郷土史(伊藤葦天)」「川崎市史」

    1月11日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク