麻生区版 掲載号:2018年4月6日号 エリアトップへ

自転車安全対策 新百合など4駅で整備 市が事故抑制へ新方針

社会

掲載号:2018年4月6日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市はこのほど、自転車の利用者が多い新百合ヶ丘駅など市内4駅を特定駅として整備する方針を打ち出した。市内で増加する自転車事故の抑制に向け、専用レーンや駐輪場の設置などによって安全で快適な自転車通行環境エリアを構築していく。

 市が今回示した基本方針では、自転車や歩行者が集まる鉄道駅周辺エリアの整備を優先的に進める市内15駅を選定(左図参照)。特に利用者が多い新百合ヶ丘、川崎(JR・京急)、武蔵小杉、武蔵溝ノ口駅の4駅を「特定駅」として通行環境を整えていく。

 整備の手法としては自転車専用レーンの延長や歩行者と自転車を分離する駐輪場出入り口の配置、バス通りの歩行者と自転車の分離などを検討。駅周辺の自転車通行位置を明確化することで、安全性の向上を図る。

 市ではこれまで事故多発箇所や市民から改善要望があった箇所に対して、それぞれ部分的な対応を続けてきた。そのため整備箇所に関連性がなく、断片的な整備にとどまっていた。市の担当者は「道路環境と駐輪対策などに連携して取り組むことで、より安全性を高めていけるのでは」と話している。

 市内の交通事故に占める自転車事故割合は毎年約3割で、県内の平均値より上回っている。昨年1年間の自転車事故件数は1115件で前年より216件増加。死者数は7人となり、4年ぶりに増加へと転じている。

麻生区版のトップニュース最新6

「実効性ある条例を」

反ヘイト市民団体

「実効性ある条例を」 社会

市議会議長に意見書提出

6月14日号

若年世代に街の魅力PR

区民会議元メンバー

若年世代に街の魅力PR 社会

区協働事業で冊子作成へ

6月14日号

制定19年、認知低く

市子どもの権利条例

制定19年、認知低く 社会

委員会 支援充実へ提言

6月7日号

教科書に柿生の街並み

教科書に柿生の街並み 教育

次年度の「生活」に登場

6月7日号

入居募集 年4回に拡充

川崎市営住宅

入居募集 年4回に拡充 社会

市、「空き部屋」活用へ本腰

5月31日号

「粘るプレー」で全国へ

小学生バドミントン大会

「粘るプレー」で全国へ スポーツ

王禅寺中央の御後(ごご)さん

5月31日号

多様な組織連携で開設へ

ソーシャルデザインセンター

多様な組織連携で開設へ 社会

ネットワーク会議も検討

5月24日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自作ロケットを飛ばそう

自作ロケットを飛ばそう

発明クラブの夏休み企画

7月15日~7月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク