麻生区版 掲載号:2018年4月13日号
  • LINE
  • hatena

市子連 「加入者減」課題を共有 初のシンポジウム実施

社会

意見発表会の様子
意見発表会の様子
 全国的な子ども会加入者数の減少を受けて、原因と課題解決の方法を検討する川崎市子ども会連盟(新井久三連盟長)主催の「子ども会推進研究委員会」公開シンポジウムが3月23日、てくのかわさきで行われた。市内各区の単位子ども会の指導者や行政担当者、PTA会員など85人が参加。市子連で公開シンポジウムを行うのは初の試みとなる。

10年で半分以下に

 市子連によると、2017年の市内の単位子ども会数は295団体、会員数は約3万人。会員数は10年前より半分以下に減少しているという。こうした状況を受け、市子連は同委員会を昨年4月に発足。各区子連から選出した若手代表者を中心に、子ども会の活性化を目指した研究会を月に1度行ってきた。

 当日のシンポジウムでは、同委員会がこれまで研究してきた成果を発表。加入者数減少の原因に「会の活動が地域に浸透していない」「役員の担い手がいない」などをあげ、対策に学校、地域との連携強化などを提示。「募集チラシなどを学校で配布、町内会掲示板を利用する」など具体的な活動を提案した。

 後半は、参加者全員でワークショップを実施。各会の取り組み、悩みなど意見交換が行われた。また「役員の大人が楽しめば子どもたちも自然とついてくるのでは」と、大人の参加意識に関する意見も出された。

 公開シンポジウムを企画したひとり、市子連の早川弘之さんは「『研究委員会』の活動をまずは市子連内で知ってもらいたかった。課題をみんなで共有し、解決策を考えるきっかけになれば」と話した。

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

  • 8月17日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

若手演奏家の競演

若手演奏家の競演

25日 芸術のまちコンサート

1月25日~1月25日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第142回 シリーズ「麻生の歴史を探る」露天商揚屋一家 後編参考資料:「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「稲毛郷土史(伊藤葦天)」「川崎市史」

    1月11日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク