麻生区版 掲載号:2018年4月13日号 エリアトップへ

4月1日付けで麻生区長に就任した 多田 貴栄さん 横浜市港北区在住 57歳

掲載号:2018年4月13日号

  • LINE
  • hatena

笑顔かがやく麻生に

 ○…4月から麻生区長に就任。麻生区の印象は「芸術拠点や学びの場、自然といったエッセンスが詰まっているまち」。地域資源を区内で共有することや地域包括ケアシステムの構築に力を入れ、長く住み続けられるまちを目指す。「ボランティアや地域活動など様々な取り組みに安心して参加しやすいよう、顔の見える関係づくりをしていきたい」と意気込む。

 ○…3人きょうだいの長女として川崎区で生まれ育つ。同年代の男子に混ざって遊ぶ活発な少女で「頼りになる元気なお姉さん」だったという。当時の深刻な公害問題に対し、民間と協力して改善していく行政の姿に興味を持ち、高校卒業後に市職員に。保健衛生やごみの分別に関する条例改正業務などに携わってきた。麻生区長の辞令には驚き、不安もあったが、麻生川の桜まつりで地域住民が手作りで自主的に取り組む様子を見て、地域の力を感じた。「区のために精進していきたい」。決意が固まった。

 ○…大のスイーツ好きで、おすすめ店を聞けばすぐに足を運ぶのだとか。「一口甘いものを食べるとホッと落ち着く」と笑みがこぼれる。麻生のスイーツ店巡りも楽しみにしている。リフレッシュは温泉に浸かること。両親と一緒に箱根に旅行することもあれば、近所の日帰り温泉には「すっかり常連になるほど」通っているという。

 ○…麻生のお気に入りは田園風景。「どこにいても緑が豊富で気持ちも安らぐ」と語る表情は柔らかい。モットーは「笑顔で前を向いて歩こう」。「うつむいていても、にこっとすれば風向きも変わる」からだ。区政においても、区のイメージソング「かがやいて麻生」のように「皆さんのかがやく笑顔が広げられれば」。麻生の未来に向けてかじを取り始めた。

麻生区版の人物風土記最新6

佐藤 由加里さん

かわさきこども食堂ネットワークの代表を務める

佐藤 由加里さん

川崎市在住 54歳

5月15日号

 辻 周児さん

小田急小田原線 新百合ヶ丘駅長に先月就任した

辻 周児さん

麻生区在勤 51歳

5月1日号

兼平 大介さん

プロレス団体「ヒートアップ」所属選手で、地域活動にも力を入れる

兼平 大介さん

稲城市在住 35歳

4月24日号

岡部 郁夫さん

麻生警察署署長に就任した

岡部 郁夫さん

千代ヶ丘在住 58歳

4月17日号

立川 志らぴーさん(本名:片桐 悠吾)

麻生市民交流館やまゆりでワンコイン落語会を開催している

立川 志らぴーさん(本名:片桐 悠吾)

町田市在住 27歳

3月27日号

丸山 喬平さん

第23回「岡本太郎現代芸術賞展」で入選した

丸山 喬平さん

王禅寺西在住 32歳

3月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク