麻生区版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • hatena

新百合ヶ丘駅周辺 新団体設立で催事再編へ 小田急、三井不らも参画

文化

設立披露の会には関係機関などから多くの来賓が出席
設立披露の会には関係機関などから多くの来賓が出席
 新百合ヶ丘駅周辺で開催されている様々なイベントに一体感を持たせ、同地域の活性化を図ろうと、新団体「新百合ヶ丘エリアマネジメントコンソーシアム」が設立された。第1弾の取り組みとして6月16日(土)、17日(日)に同駅南口で「しんゆりフェスティバル・マルシェ」を開催する。

 新団体に幹事会員として参加するのは新百合丘農住都市開発(株)と昭和音楽大学、日本映画大学、三井不動産(株)、小田急電鉄(株)の5者。これに街づくり関連団体や商工会議所、地元の商店会や町会などが参画していく。

 近年、同駅周辺ではさまざまな団体や実行委員会組織によってGW時期の芸術祭「アルテリッカしんゆり」、秋の駅前マルシェやハロウィンに映画祭、冬にはイルミネーション企画などが実施されている。新団体は、これら事業者と連携し、一体感のある組織に再編することで個々の活動を更に発展させていくことなどを目的に設立された。

 今月4日には新百合21ホールで参加企業らによる団体披露の会が開かれ、多田貴栄麻生区長や区選出議員、山田長満川崎商工会議所会頭ら多くの来賓が出席。代表幹事となる新百合丘農住都市開発の中島眞一代表取締役は挨拶で「これまで住環境に優れた新百合丘を内外にアピールするイベントが開催されてきたが、コンソーシアムはこれら活動を一体感あるものにまとめ、商業、農業、芸術などの地域資源を大いに活用することで更なる活性を生んでいきたい」と意気込みを語った。

16、17日に新イベント

 第1弾の取り組みとして16日(土)、17日(日)に「しんゆりフェスティバル・マルシェ」を開催。同企画は月1回の実施を予定しており、これと連動してハロウィン企画などを開催する。また、アルテリッカや映画祭などとも連携を模索していく。新団体では季刊での雑誌発行やシンポジウムの開催などを通じ、新百合ヶ丘の魅力発信も継続的に行っていくという。

麻生区版のトップニュース最新6件

学校司書、4校に1人

市立小

学校司書、4校に1人

1月11日号

区独自で認知症に対応

もの忘れガイドマップ

区独自で認知症に対応

1月11日号

地域の輪をまちづくりに

多田区長新春インタビュー

地域の輪をまちづくりに

1月4日号

待望の発泡柿ワイン完成

2020へ「川崎力」充実を

麻生に縁のなでしこ代表

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

  • 8月17日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

若手演奏家の競演

若手演奏家の競演

25日 芸術のまちコンサート

1月25日~1月25日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第142回 シリーズ「麻生の歴史を探る」露天商揚屋一家 後編参考資料:「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「稲毛郷土史(伊藤葦天)」「川崎市史」

    1月11日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第141回 シリーズ「麻生の歴史を探る」露天商揚屋一家 前編参考資料:「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「稲毛郷土史(伊藤葦天)」「川崎市史」

    1月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク