麻生区版 掲載号:2018年6月8日号 エリアトップへ

川崎市動物愛護センターの所長に、今春就任した 須崎 聰さん 市内在住 54歳

掲載号:2018年6月8日号

  • LINE
  • hatena

動物に注ぐ深い愛情

 ○…動物の保護収容、譲渡をはじめ、動物愛護の普及啓発を行う川崎市動物愛護センターの所長に4月に就任した。獣医師の資格を持ち、1989年に川崎市役所に入庁。これまで、区の保健所や北部市場の食品衛生検査所などに勤務し、センターへの復帰は15年ぶり。高津区蟹ヶ谷にある同センターは老朽化や手狭になったことを理由に、今年度中に中原区平間に移転する。「大事な1年を迎える中での就任に責任の重さを感じています」と意気込みを語る。

 ○…東京都文京区生まれ。小さい頃から生き物を飼うのが好きで、縁日でもらったヒヨコをニワトリにまで育てたこともあった。デパートに行けばペットショップに「くぎ付け」。昆虫、動物大好き少年の好奇心はやがて動物の行動学や生物学への興味に進んでいった。「だから、獣医になりたいというより、動物のことを学びたくて獣医学部に進みました」

 ○…センターには平均して10匹の犬、70匹のネコなどが保護されている。病気で目を離せない動物もいて、事務室にも大きなケージが置かれている。「スタッフが懸命に世話をしているけれど、ここにいることは動物たちにとって良い環境とは言い切れない」。だからこそ、迷子で保護されたペットが飼い主のもとに戻ったり、病気があっても理解して引き取ってくれる人が現れた時が何よりも嬉しいと語る。「新施設では今まで以上に啓発に力を入れ、子どもたちに命の大切さを伝えていきたい」と力を込める。

 ○…自宅では2匹の猫を飼う。「昔は犬派だったけれど、マンション住まいで猫を飼い始めたらハマってしまった」と笑う。好きな言葉は「泰然自若」。新リーダーとして気負うことなく、動物たちの幸せを探して今日も自然体で職務に向かう。

麻生区版の人物風土記最新6

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

12月9日開催の昭和音楽大学生による企画制作公演を立案した

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

王禅寺東在住 23歳

12月6日号

鈴木 武夫さん

12月8日に開催する合唱フェスタを主催する麻生区合唱連盟の会長を務める

鈴木 武夫さん

下麻生在住 73歳

11月29日号

北條 秀衛さん

20周年を迎えた川崎市岡本太郎美術館の館長を務める

北條 秀衛さん

栗平在住 73歳

11月22日号

大矢 高弓さん

作品「ふるさと」が日展の特選に選ばれた日本画家の

大矢 高弓さん

千代ヶ丘在住 50歳

11月15日号

窪嶋 真弥さん

整理収納アドバイザーとして自宅セミナーの開催やテレビ番組にも出演する

窪嶋 真弥さん

万福寺在住 39歳

11月8日号

香川 和彦さん

11月24日に田園調布学園大で開催するフリーマーケットを立ち上げた

香川 和彦さん

王禅寺西在住 62歳

11月1日号

西川 元さん

11月2日開催「アルナ祭」に出演するシンガーソングライター

西川 元さん

王禅寺西在住 24歳

10月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「多彩な歌声を楽しんで」

「多彩な歌声を楽しんで」

市民館で合唱フェスタ

12月8日~12月8日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月6日号

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.19食習慣がもたらす発育不全

    11月29日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第163回 シリーズ「麻生の歴史を探る」榛名山(はるなさん)信仰〜風祭り〜 後編 文:小島一也(遺稿)

    11月29日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク